打ち合わせは難しい

私は結構会話スキルが低い方で、打ち合わせに苦労したりします。

意見の相違で論争になり、場がヒートしたときに、色々説明出来なくて困ったりしますね。
どこか思考法を直感に頼ってる所があって、その意見は違う、と思っても説明が出来ないのですよ。
打ち合わせが終わって、家に帰ってしばらく考えると「ああ、そうなのか」と、自分でもやっとわかったりしますので、相手に解るわけが無いんすな。

直感思考といえば、魔法少女サカナの中で、主人公の三池くんに直感で答えを思いつかせたら、読者の方から「都合が良すぎる」と批判されました。
批判を読んで「えー、俺の思考って大抵はそう動いてるんだがー」という感じでビックリした覚えがあります。
フィクションの場合は、直感ではなく、ロジックで詰めていくと雰囲気が出るようです。サカナでもそういう感じに書き直しました。

打ち合わせ現場でも、すらすらと直感をロジックに組み直せれば良いのですが、自分がなぜ正しいと思ってるのか解らない時や、相手がどこが解ってないのか読めない時があるので、難しい物です。

答えに妥当性があれば、それは直感ですが、間違ってるならそれは思いこみであります。

まあ、打ち合わせで衝突が酷いようなら、一旦、意見の対立を止めるのが良いのかもしれませんね。
後日ロジックが立てば、相手も納得するかもしれませんし、単なるこちらの思いこみで向こうが正しいのかもしれません。

というわけで、打ち合わせは難しいのでした。
[PR]
by sakananovel | 2009-01-21 13:40 | 同人ゲーム製作


<< 直感と打ち合わせ 650さんから、ふた☆まほのレ... >>