現代思想は迷惑だから。

ラベリング、という言葉があります。
まあ、瓶にラベルをはるように、事象に名前を付ける事で解りやすくするという思想です。
謎の奇病から、インフルエンザになっただけで、かなり安心感が違います。
狐付きから、精神疾患にラベルを付け替えるだけで、かなりオカルト臭が消えます。
現代思想でもラベリングがあるんですが、結構実体に沿っていないラベルがあります。

たとえば、ポストモダンは時代や世界等の大きなものにつけるラベルとしては優れているのですが、
オタク界隈というミドル層につけようとすると、色々矛盾します。
たとえば、大きな物語が無くなったから、大ヒットは減少した。という意見があります。
これは、「秋本さんも歌謡曲でそういう動きがある」と言っていた。という情報で補強されました。
……。
オタクアニメ業界では、ガンダムあり、エバあり、マドカありで五年おきぐらいで大ヒットしてますけど。
漫画だと、国民的にワンピースがヒットしてるんですけど……。
もう、これでオタク界隈にポストモダンの影響が少ないというのが立証できると思います。

そして、現代思想界隈で使われるラベルで弊害が大きいと思われるのが「消費」です。
キャラを消費する、物語を消費する、消費されるから、データベース状に、消費行動を起こす。
などと言われますが、この消費が、間違ったラベルです。

この物語消費の起源は、大塚英治さんの「物語消費論」です。
ビックリマンチョコのシールに付いた細切れのような物語を、オタクは消費する。
という、物だったのですが、そのころ私もかの論を読みました。
「些末でばっかじゃないの」と思ったのを覚えております。
結局そのあと、細切れ状の物語は、ビックリマンだけの局地ブームとして終わりました。
その間も、普通のオタクコンテンツは作られ、鑑賞されて行きました。

オタクコンテンツは消費されません。鑑賞されるだけです。
物語のキャラクターは消費されません。好きになってファンになるだけです。

ビックリマンチョコのシールという形から「消費」という言葉をラベリングしたのでしょうが
この言葉が、今の現代思想を迷走させています。
消費というのは食材や燃料の消えて無くなる物に対して使う言葉です。
車は購入しますし、映画は鑑賞します。
どうして消費できない物に、消費とつけてしまうのでしょうか。
この語感のため、オタクコンテンツを消費する、という行為は、普通に鑑賞するから、浪費、蕩尽、消滅な感触を含む行為となっています。

そんな事はありませんでしょう。
オタクのみなさんは、ずっと、普通に、それこそ高校の国語便覧にあるような普通の鑑賞姿勢で、アニメを見、漫画を読み、イラストを見ています。
それは鑑賞であって消費なんかしてないのです。
漫画は読んでも、消えて無くなりません、繰り返し読めます。
アニメキャラは見ても、消えません、何度でもDVDで再生できます。

なんで、オタクは物語やキャラを消費してるなどの、超特殊行動をとっていると言いがかりをつけるのですか?
そんな現実に即してないラベルを使って作った論が、現実を捉えられるとは思いません。
すごく些末な萌の一部分や、カテゴリー分けを持って消費している等の論は、オタクの一部にしか合致せず、普通の鑑賞姿勢で普通に楽しんでるオタク層には全くかかわりの無い話です。
ちなみに、消費の変わりに鑑賞という普通語を入れ替えれば、現代思想の欺瞞性が一目瞭然です。
「物語鑑賞論」「データベース鑑賞」
ね。なんだかイメージがたわむでしょ。

オタクさんが普通でない行動を取ってくれないと、論文として面白くないわけです。
ですので、現代思想の論文では、オタク達は動物化し、萌キーワードに沿ってオタクコンテンツを消費する、なんか変な生き物になってます。

そして、オタクを異人化して書いた論文を読んだ馬鹿な現代アート界隈の人間が、「物語やキャラを消費して変な事をしてる奴らが、運良く隆盛を極めてやがる、あんな変な奴らは動物化してて人間じゃないから別に色々パクっても問題ないよね」という具合に、まるっと盗作してお金儲けしようとする訳ですな。

現代アートの擁護している人と、何回かネットで対話する機会があって、面白かったのですが、必ず彼等はオタク側を非常に馬鹿にしてる訳です。
ちょと普通の疑問を投げると、非常に狼狽して、なんだか凄い難しい用語を使ってゴチャゴチャ言います。(意外に素朴な疑問に弱い感じがしますな)
それでも、矛盾点をつくと、結局黙って逃げてしまうんですな。

どうも、オタクの事を知的に下の存在と無条件に信じ込んでる感じがあって、それは、現代思想で表現された動物化してるオタクさんを現実のオタクさんと間違えてるからではないかと思うのですよ。

現代思想自体も物語で、しかも、間違った前提において作られた架空の楼閣なんですな。
べつに、そういう物で遊ぶ事を否定はしませんが、近隣の現代アートで、論文を鵜呑みにして、現実のオタク層に迷惑がかかる行為をする馬鹿が出てきた時点で、現代思想側とかで自己批判してほしい物です。
(現代アートと現代思想がどう関係してんの、という疑問が沸くでしょうが、今問題になっているカオスラウンジという団体のキュレーターの黒瀬氏は東さんの弟子にあたる人です)

という、感じで。
[PR]
by sakananovel | 2011-09-27 17:52 | どうでもいいこと


<< ユングの絵 もうポストモダンとかどうでもいい。 >>