コピー本の作り方

オマケ・ノベルの原稿がアップしましたので、これから講評会を経て、編集、製本作業となります。

コピー本と言うと、コピーした紙を二つに折ってホチキスで留め、モノクロ表紙を付けた物。と思われるでしょうが、オマケ・ノベルは、凝り性のオタク様の集まりであるサカナ・ノベル界隈の製品らしく、無駄な創意工夫と他に使いようのないノウハウを打ち立て、印刷された物とほぼ変わらない本を安価に製作しております。

製作工程
1.作家さんの小説をテキストデーターにて収めて貰う。
2.絵師さんに画像データーを作って貰う。
3.MicroSoftのWORDを使って本の形に割り付ける。
4.両面印刷出来るプリターで書籍用紙にプリント
5.インクジェットプリンターで表紙をプリント
6.ホットボンドの弾を使いアイロンで製本

という工程を取ります。

4.の書籍用紙は文庫本などに使われる淡クリームキンマリという紙を、紙21という問屋さんに発注しております。

淡クリームキンマリA判46.5Kg500枚 
16切(A5規格 8000枚仕上げ)
八千枚をA5裁断で八千五百円ぐらいですね。

5.のホットボンド製本詳細
・ホットボンドの弾をキッチンペーパーで挟みアイロンを当てて溶かしリボン状の物を作ります。
 ホットボンドの弾というのは熱に弱い樹脂なんですが、テフロン系のキッチンペーパーにはくっつかないのです。
・揃えた本の背をヤスリでゴシゴシ削り、溝を引いて(接着面積をひろげるため)その上にリボン状に伸ばしたホットボンドの弾を乗せ、キッチンペーパーでくるんで熱圧着させます。
・少し冷ました後、5のプリントアウトされた表紙を被せ、またアイロンで再圧着します。ホットボンドの弾というのは熱を加える事によって、何度でも溶かす事ができるんですな。

なんで同人印刷屋さんに頼まないのだ? という意見も聞こえて来そうですが、少部数だとオフセット印刷は高いのですよ。P148×100部で七万円ぐらいですか。頒布単価が700円超えてしまうのですなあ。
そう言うわけで、一つ一つ手作りでオマケ・ノベルは生産されるのでした(^^)
[PR]
by sakananovel | 2006-03-31 16:03 | 同人ゲーム製作


<< 太宰治の女生徒 結果にこだわらない >>