吉里吉里2とNscripterの比較【2】

吉里吉里2の人である、こねこさんやら狐さんからの反応が在ったので、アンチエリアスとトランジェションを比較するコンテンツを作ってみましたよ。
ここ>>

同じ文、同じ画像でコンテンツを組んでみました。設定が徹底してないので、文字の大きさとか違うのですが、まあ、比較ですからということで。

解ったこと:
①字のアンチエリアスの具合がかなり違いますな。Nscripterのアンチエリアスの場合MSPゴシック以外の選択がないぐらいの物ですが、吉里吉里2の場合、MSP明朝が綺麗にでます。(こんなに違うとは思いませんでしたなあ)
②画面切り替え効果ですが、吉里吉里が綺麗なのは画像切換とメッセージ窓が一緒になって切り替わるからふわっと変わるようです。Nscripterの場合は画像自体に効果は掛かりますが、メッセージ窓は唐突に消え、唐突に現れます。

 どっちも吉里吉里2の方に軍配が上がるかと思いますが……。吉里吉里2のトランジェションは綺麗は綺麗ですが設定が凄くややこしかったです。どうやら吉里吉里2は制作者が手間を掛けてきめ細やかに設定するという思想らしいですな。
 どっちがより良いかというのはワードと一太郎のどっちが偉いかみたいな話でして、この二つぐらいの完成度になると、もはや趣味の問題かと思われます。
 Nscripterのアドバンテージは細かい設定をせずに短いスクリプトで組み立てられる事に尽きます。覚えやすくて作業量が少ないのは立派な売りだと思われます。
 吉里吉里2のアドバンテージは拡張性と品質を高められると言うところです。

 どちらを使って組んでも出来上がりにべらぼうな差が付くわけでは無いようです。ノベルゲームのキモというのは外の見栄えよりも、物語とかの柔らかい所にあるので、やっぱり趣味の問題ですなあ(^^)
[PR]
by sakananovel | 2006-05-04 14:25 | 同人ゲーム製作


<< コミティア スパムメールが来た。詩かもしれない。 >>