陵辱とラブエロ

エロシナリオを上げて思ったのですが、別に陵辱じゃなきゃエロくならない、というわけではなさそうですな。
二次元ドリーム系とかダウンロード系のポルノコンテンツが軒並み陵辱なので、陵辱系が無いとポルノ強度が出ないのではと思ってましたが、ラブエロでも十分強い物が書けたかなと思いましたぞ。

そういや、エロマンガならラブコメ系でエロエロの作品は結構あるわけで、ハードポルノが現在のエロコンテンツのディフォルトなのは単なる流行なだけのかもしれませんな。
コリンウイルソンの御本を読んでいたら、セックスに対する妄想に残酷味をつけるとイメージがシャープになる。との事なのでハードポルノがエロとして強いのはそのせいなのでしょう。ただ、物語とかキャラ立ちを噛ませようとすると、その強度が逆に話の成立を阻害する感じがしますですなあ。

ラブエロの良いところは、書いていて心がほこほこしてくる所ですなあ。陵辱系を書いていると、なんかダークサイド全開となり「世界は俺を受け入れてくれん」みたいなルサンチマン大爆発陰気ドロドロに心がなりがちなんですが、ラブエロだとわりと書いていてほのぼのと嬉しいのでありました(^^) これは発見。
[PR]
by sakananovel | 2006-07-15 00:12 | 同人ゲーム製作


<< 進捗情報~ 背景背景 >>