ループ物の二種

どうも、ループ物には「タイムループ」と「フィールドループ」の二種類がある模様ですな。

タイムループとは、時を駆ける能力をもった者が(機械でも可)、時間軸をループする物で、目的はループの解消ではなく、ループによる事象の変化(または変化の防止)ではないかと。
例:「サマータイムマシーンブルース」とか。

フィールドループというのは、ループしている世界に気がついた者がそこからの脱出を画策する物と言えましょう。
例:「うる星やつら-ビューティフルドリーマー」

まあ、区切りは曖昧で、中間点な物も多々ありますが、時間と場所で分けられるかと思われます。

ゲームコンテンツにループ物が多いのは、やっぱり何度もやりなおしが効くというシステムになじむからなのでしょうね。
名作も結構多い模様です。
言ってみればアクション物でも、何万人ものマリオのループであり、そのうちの一人のループがピーチ姫を助け出すとも言えます。ゲームというのはシステム的にループ状況を内包してるのかもしれませんね。

ループ物補足。
・漫画「銀の三角」萩尾望都
 全体が時間軸の揺れというループ構成ですな。あと、中盤で「もうすぐ宇宙港です」のすばらしいループシーンがあります。この作品はかっこいいです。
[PR]
by sakananovel | 2006-08-30 14:32 | 同人ゲーム製作


<< 謎の不具合 ループ物解題 >>