かっぱらっぱかっぱらった【8】 かっぱらっぱかっぱらう

 一夜明けた。
 俺は魔法使いさんに一宿一飯の礼を言って東京タワーから降りた。
 辺りの景色が一変していた。
 老朽化していたビルが津波に耐えられなかったらしい。
 見渡す限りビルが折れたりして平たくなっていた。

 銀座に戻って見たら、本屋ビルが無かった。

 三階の部分だけが水の上に岩礁のように突き出ていて、四階から上が無くなっていた。
 お、俺の蔵書が……。
 読みかけのSFが……。
 茫然と立っていたら潮が満ちてきて残った部分を水没させた。
 寝るところも無くなった……。

 ふらふらと神田へ泳いで行った。
 書泉も三省堂も崩れていた。
 ああ、俺はこれからどこで本を調達すれば良いのだ……。

 お茶の水に一軒生き残ったビルがあった。
 楽器屋だった。
 トド夫がのそのそと出てくる所だった。
「やあ、河童くんお互い酷い目にあったねえ」
「トド夫はまたギター?」
「そうとも、大波でまた無くしてしまってねえ。でもここにはもう生きてるギターが無いねえ。これから川崎とか横浜まで行くつもりだよ」
 まったく大変だよ、と、大変そうでない口調でトド夫は言った。
 楽器屋のビルに銀色のラッパがディスプレイされていた。
 引っこ抜いてみるとさびも無いしマウスピースもついているちゃんとしたラッパだった。
「河童くんはラッパをふけるのかい?」
「一曲だけ」
「そうかい、じゃあ、ギターを見つけてきたらセッションをしようではないか」
「ああ、いいね……」
 トド夫は手を振って横浜方面へ泳いで行った。
 俺はラッパをかっぱらって銀座へ帰った。

 潮が引いて頭を出した本屋ビルの残骸の上で、俺はラッパを持ってぼんやりと佇んでいた。
「たいへんだよー、いっぱい仲間死んだよー」
 結がばちゃばちゃと音を立てて泳いでやってきた。
 五千人いた人魚が今は三百人ぐらいしか生き残っていないらしい。
 みんな見物にいって原子の炎に焼かれたそうだ。
 建国二日目で人魚帝国は崩壊した。
 残ったのは秋葉人魚村だ。
 馬鹿馬鹿しい限りだ。

 俺はラッパに息を吹き込んだ。
 ぷうとラッパが鳴った。
 息が金属管の中で音楽に変わった。

 色を変え始めた夜空に向け高らかにラッパが鳴る。
 俺の吹けるただ一曲を吹いた。
 やけくそのように俺はラッパを吹いた。

 吹きながら人魚姫の死を悼んだ。
 ムラサメの中の人間の死を悼んだ。
 陽気な楽曲に鎮魂を込めて俺はラッパを吹いた。

 悲しくて馬鹿馬鹿しくてもうどうでも良くて。
 ラッパを吹いた。
 河童なんかラッパを吹くぐらいしか出来ない。
 ただひたすらに肺の中の空気を音楽に変え続けた。

 結がきゃあきゃあ言って手を叩いて喜んだ。
 ラッパの音は高く高く昇っていった。
 かけ始めた月が静かにラッパの音に耳を傾けていた。

 とてちてた~。

(了)
[PR]
by sakananovel | 2006-10-11 22:22 | かっぱらっぱかっぱらった


<< 河童について(あとがきみたいなもの) かっぱらっぱかっぱらった【7】... >>