イヌハリコスト高

裏で大物作品を作る為に、短期でちょこちょこ作れるコンテンツのはずの狗張子が、なんだかとてもコスト高に(^^;
短いとこれもやりたいあれも入れたいと異様な完成度を目指してしまっていけません。

お客さんの心に残る度では、お話>画像な訳で、それだったらお話を多くした方が実は効率的なんですな。だからノベル物は総じて長尺であります。
エロ中心コンテンツは短めに作れるのですが、あれは生物的側面にアタックするため、作品の印象が残りにくいわけっす。(でも異様に抜ける作品というのも、凄く作るのが難しい)

画面完成度を上げると没入感とか臨場感とかあがりまくります。たぶんある一点を突破すると、描写だけでイケルんだと思います。京アニとかね。

狗張子がどこまで行けるのかわかりませんが、これはこれとして面白いかも(^^)
零戦みたいな作品を作りたいですな。

ちと、ミニエロコンテンツとか脇で動かしてDLとか試すかなあ。
いや、でもイヌハリの背景作業だけでも偉いことだしなあ。

色々難しくも楽しいですな。
[PR]
by sakananovel | 2007-01-10 11:34 | 同人ゲーム製作


<< サイアチのluckystarを... いかんいかん >>