開放制プロジェクト素案

各人適当に好きな素材を作り、編者がそれをまとめる。
(ハルヒの映画作りみたいだなあ)

ルール1
各素材の責任は制作者が持ち、他ブロックの者は批判をしない。
 自分が好きな物を作り、考えを押しつけないって事ですな。

ルール2
編者が組み上げる際に、個々の素材の変更を認める。
 絵だったら、色変えたり。文だったら書き換えたりするわけっすな。

ルール3
素材の〆切は発表の一ヶ月前に行う。
 編集がメインのコンテンツとも言えるので、作業時間を多く取る。

開発形態
グラフィック、音楽、ベース素材、それぞれを自家単品コンテンツとして、ブログにて運営。
ネタバレ要素の強い(知ってしまうと意味がなくなる)シナリオに関してはスタッフのみの閉鎖ブログにて運営。
 ここらへんがちと、考えないといけないっすね。
 フリーならネタバレ有りでも良いのですが、シェア作品の場合、WEBで読める物をパッケージしても売れないという感触がありますな。

あと、基礎設定サイトがいるのか、これも公開するかしないか難しいところだなあ。
[PR]
by sakananovel | 2007-05-17 22:01 | 同人ゲーム製作


<< 開放制プロジェクト素案【2】 同人ゲーム開発手法のもう一つ >>