地図を作って初めて解ること

何言ってるか解りにくかったので記事を変更。

b0043794_13143768.gif


銀鱗行の地図を眺めていたら、軍の動きに矛盾をみつけたのですな。
初期設定は上記地図であります。
敵となる平群の軍が高遠の国を侵略しております。
まず、法関の街をを落とされて、その後美霊城塞を落とされ、蛇多谷が孤立、身論の港からの補給で細々と命をつないでるという設定であります。

どこが不味いかというと、軍というのは街道を行くものなのですな。(たまに奇襲で山越えとかありますが、街を落とすような軍は街道でしか進めません)
美霊を落とす為には街道が無いとイケナイのですが、その街道が蛇多谷の補給路と交差してしまう訳ですよ。
敵が交差点に砦を築くと補給路が断たれてしまいます。
かといって、街道を造らないと、軍はどこから湧きだして美霊を落としたんだという話に。

b0043794_2212303.gif


そこで、蛇多谷を内陸部に移してみました。

これで、美霊を落としたのは法関に入った軍と言うのがわかります。

銀鱗行の物語では身論の港も落ち、蛇多谷孤立無援、しかたがないので法関を落とそうと、主人公所属の高遠の旅軍が動くという流れになります。

文で書くより地図で考えるという感じですなあ。
[PR]
by sakananovel | 2007-06-19 22:19 | 同人ゲーム製作


<< 日曜日にシナリオ講座を受けてきました 地図の快楽 >>