いや、だめ、でも気持ちいいの構造

とりあえずのポルノの黄金パターンは

ヒヒじじいに処女がやられて>いや、だめ、でも気持ちいい

が、基本パターンですな。
現実には、処女がこの状態になることは、まずあり得ないのでしょうが、それは男の永遠のファンタジーなので仕方がありません。

逆パターンとして

痴女に美少年がやられて>いや、だめ、でも気持ちいい

というのもありますです。Mっぽい感じになるっすね。(黒田さんの言っていたパターン)

基礎パターンを解析すると

卑属なるものに、聖なるものが汚される。というパターンのようです。

ManiHoniさんのおっしゃっていた、淫乱なる女性も羞恥心があればエロイ。というのもこの図式で解析すると。

淫蕩な欲望に自分の純粋性がオカされる>くっ、こんなこと駄目よ。でも気持ちいい

みたいな、流れになるかと思います。

なんか卑俗な自然現象の力→→→→→→→→→→→→→→→
理想の精神の聖なる純粋性←←←←←←←←←←←←←←←


これがぶつかり合う所に、エロースエネルギーは発生するのではないかと仮説します。

おお、理想と現実のせめぎ合いですね。
では、曹操(現実)と劉備(理想)がせめぎ合うとエロイかと言うと、それは単にオモロイだけですな(^^)
生殖につながる場所で、せめぎ合うと、発生すると考えた方が良いかも。

む、ひょっとして、おもしろさ要素が生殖方面で発生してると、エロイと感じる? のでしょうか。うむむ。
[PR]
by sakananovel | 2008-04-17 11:21 | 同人ゲーム製作


<< オマケノベル七号 嘘と沈黙 >>