うちだけ受かったのか!

コミケットに行ったことが無い人にはよく解らないでしょうが、合体申し込みと言うのがあります。
コミケットの販売ブースというのは180cmの長さの机を半分ずつ貸す感じになってまして、仲の良いサークルが左右に並びたいという時に合体申し込みをすると、右にデブリ、左にサカナ・ノベルという具合に配置される訳です。

デブリさんとサカナ・ノベルはこれまで合体申し込みをして、両方とも受かり、おなじ机を共有していたのです。
だから、なんとなく片方が受かったら、当然もう片方も受かってると思っていたのですが。

……今回、デブリさんが抽選漏れ。
サカナ・ノベルがピンでの参加となりました。

これは青天の霹靂で、「なんで?」と言うしか有りませんでしたよ。
合体で片方落ちってあるんですね。
[PR]
by sakananovel | 2004-11-11 00:43 | 同人ゲーム製作


<< 短歌 デジタルコンテンツ仕事術 一回... >>