カテゴリ:映画・アニメ( 15 )

今期アニメとまどか☆マギカ

冬アニメは「まどか」がさらっていきましたが、今期は「あの花」かな、メンマかわいい、ゆきあつがオモロイ。

まどかはブレイクコンテンツとなりそうですな。

うけるコンテンツには、「新味」という物があると、爆発しますな。
まどかの新味は「あやしいキュウベイ」と「ほむほむ」の二カ所ですね。
「さやか」とか「杏子」とかは、王道パターン、まみさんも新味だったかも。(即死する魔法少女という)

あやしいキュウベイで初動を繋ぎ、まみさん即死で一気にファンをつかみ、さやかの悲恋を追っていき、ほむほむの十話で落とすという。
十一話、十二話はいってみれば結なんで、イデオンで石川ゲッターでかまわんす。
良い作品は、一言で統括する事ができます、まどか☆マギカは「まどかが魔法少女になるまでの話」ですね。

魔法少女という看板にだまされてますが、中身は伝奇物の王道パターンのレールを走ってます。
魔法少女ではなくて、「魔を狩る者」にすれば結構普通ですな。

十話を見た後、ほむほむの動きをみると、伏線がばりばりに張ってあるのがわかります。
初見の時は、裏事実がわからないのですが、ピンと張った伏線は物語に緊張感をもたらしておりますね。
シナリオが優れていたのもあるのですが、シャフトの演出、高度なアニメーション、いっちゃってる犬カレー空間、いくつもの才能が絡み合って凄い物を生み出したとおもいます。
おもしろかった。

「エンジェルビーツ」作り方と一緒で、風化するよ。と言ってた友達が居ましたが、不見識かと。
一話目からつっこみ所満載のエンジェルビーツと、十二話にわたって、ほぼ贅肉の無い、伏線が見事に張り巡らされたまどかを比べてはいけませんですよ。
[PR]
by sakananovel | 2011-05-18 01:46 | 映画・アニメ

ゾンビランドを見た

近所のチネチッタでレイトショーやっていたので、ゾンビランドを見てきた。
レイトショーは1200円で映画見れるのでお得お得。

まー、絵に描いたような馬鹿ゾンビ映画でした。
最初のテンポがやたらと良いのですが、ちょっと中だるみでしたかな。締めは王道で良い感じ。

どんなお話かというと。
ネットオタクのコロンバスくん(仮名)は、ゾンビの国になったアメリカで、36条のルールを守って、生き延びていました。旅を続ける間に、マッチョでゾンビを殺すのが生き甲斐のナイスガイ、タラハシーと出会ったり、詐欺師姉妹のウィチタとリトル・ロックと出会ったりします。
アメリカの西海岸、遊園地パシフィック・プレイランドにはゾンビが居ないと聞いた四人は、カリフォルニアを目指して旅立ちます。

まあ、ゾンビのお約束が一杯で、おもろいです。ここのゾンビは疾走しますですよ。
[PR]
by sakananovel | 2010-09-04 02:37 | 映画・アニメ

深夜アニメの屍鬼が抜群におもしろくなってきた。

あんまり期待しないまま見てたのですが、屍鬼がぐんぐん面白くなってきました。
最初は、藤崎竜の奇天烈なキャラデザインに反発を覚えていたのですが、慣れてきたらアレはアレで、キャラ数が多いので見分けがついて良いかもとか思ったり。
まあ、でもIGとかのリアル漫画絵でやったら、渋さ倍増で、もっと良かったとは思います。

ドンドン面白くなった原因は、正夫のおかげですね。
正夫は空気を読めない痛いキャラなんですが、なんか、痛すぎて一周して、ちょっと魅力的になってしまってます。ギャグしてる訳じゃあないのに、非常におもろい。夏野なんかも同型の痛さなのに、あっちはイケメンなのでみんなに受け入れられますが、正夫は面白い顔なので、みんなに反発され、誰一人として、庇ってくれる人も愛してくれる人もいなくて「ちっきしょおおお」となんか変な走り方で村を走ってみたり。痛々しくて切ない。
海外の人の屍鬼の反応をみても、「正男はとっとと死ぬべきだ」とか、心ない外人さんの冷たいコメントばかりで、本当に外人は日本情緒をわかってねえなあと、ため息をついたり。

で、八話目に、文楽人形を持った、腹話術で、お姫様言葉で喋る幼女という超インパクトの屍鬼登場です。これは江戸時代から生きている幼女の屍鬼ですね、わくわくと思っていたら、原作では現代の子供だったらしい。現代の子供でこんな馬鹿インパクトの幼女がおるかーっ!! とは思う。
でも文楽人形を使ったとてもカコイイ描写でありました。いつまでたっても家に入れてもらえないので、「あーーー、ああああああっ」とかんしゃくを起こすシーンがキモクてとても素敵。

原作が大好きだったので、アニメ版はどうかなあと思っていましたが、変な化学反応を起こして、凄く面白くなっています。ホラー好き、キワモノ好きの皆さんは是非どうぞ(^^)
[PR]
by sakananovel | 2010-08-31 17:01 | 映画・アニメ

化物語

お友達の村田君がアニメをDVDに焼いてくれて、たまにアニメ鑑賞会をするのですが、前期で面白かったのが、やっぱり化物語ですな。
監督はシャフトの新房監督なんですが、『魔法先生ネギま!』とか『ハニポニダッシュ』なんかでは浮き気味だったの癖のある演出が、西尾維新の原作とかっちり噛み合って良い感じです。超バランスが良いですな(^^)

で、放送での最終話の続きが公式のページで観れると聞き、見に行ってきました。
>>化物語公式
おお、キョニュー! と喜んでみていたのですが……。
終わってないです……。
つづく……。

DVDラインナップを見ると、あと二話ありますよっ!!
[PR]
by sakananovel | 2009-11-06 22:34 | 映画・アニメ

次は『護法少女ソワカちゃん』が来ます。   たぶん。

ちょっと調べ物でネットをうろうろしていたら、イカスコンテンツを発見して、だだみしてしまった。

『護法少女ソワカちゃん』

まあ、ニコニコ系ミク目オリジナルソング科のアニメなんですがね。
そして、もうDVDがでるやら、あちこちの本で紹介されるやらで、ほぼ来てますが(^^)

とにかく、下手カッコイイです。
なんだか、脱力系でありながら、超マニアなネタ満載。
これはミュージカルでもないし、アニメでもないし、歌謡でもないし、なんか、ソワカちゃんとしか言いようのないまったく新しいオリジナルコンテンツであります。
(唯一似てるのは、ギャグマンガ日和3の超合体戦士サンゴッドV オープニングテーマでしょうか)
[PR]
by sakananovel | 2009-07-31 16:43 | 映画・アニメ

映画の新エバをみたよ

映画の新エバを見ました。以下雑感。

色々良い感じだけど、映像が細かすぎで一度ではレイアウトを把握できない感じ。(五号機のあたりとか)
一度旧作を見た人を対象にしているのか、変更部分にアレンジがあっておもしろい。
まあ、ガイナックスは挿入歌が悪趣味だなと。
あと、なんだか、もうベタ好きだよなあと。

次はQらしい、うむむ、なんだかんだ言いながらも期待期待。
[PR]
by sakananovel | 2009-07-06 03:11 | 映画・アニメ

エバをテレビで見た

エバがテレビでやっていたので、見ました。
懐かしいなあ、結構駆け足だなあと見ていて気が付いたのですが。
エバってこんなに神経に来る演出してたのね(^^;
見ていて痛々しかったですな。
あと、TV版、映画版、ともに最後まで見て知っているので、ミサトの行動が浮ついて感じられて痛いっす。

リリスをミサトがシンジに見せるシーンがあって、ああ、謎かけ系の演出は省くのだなと思いましたな。
[PR]
by sakananovel | 2009-07-03 23:36 | 映画・アニメ

ジョンフォードの「駅馬車」に圧倒される。

国都の剣の後半で駅馬車で旅行するシーンがあったので、参考画像入手を兼ねて、「駅馬車」のDVDを買ったのでありました。
そして見ました。

なにこの、太平洋戦争前の神映画は。
ものすごい構成力。一言でキャラを書き出すダイアローグ。ヒッチコックが何十回と見たというのも頷けるもの凄い娯楽映画でした。
文学で凄いのはあるのですが、娯楽でここまで完成度が高いのは始めて見ましたです。
駅馬車で評判が高いのはインディアンの襲撃シーンでございますが、他の些細な部分とかも凄い物で、いやあ、なんで、説明なセリフ無しで、表情と間だけで人間を描いてしまうのかって感じです。
ジョンフォード監督恐るべしでありますよ。

うーむ、次は「静かなる男」を見たいなあ。

駅馬車資料としても良い感じで、小さい箱の中に七人も乗れるのだなあと感心。ただ、中が狭いので、車中演出は大変そう、特殊立ち絵で、連動背景が理想だけど、手間的にどうかなあという感じ。
車の中の演出は、ノベルゲーム系では結構鬼門なんですな、座っていて狭いので、通常立ち絵が使えず、かといって客観ショットだと、一人称記述と落差が発生するので、微妙と、なかなか大変でございます。
馬車は対面シートなので、まあましなのですけどね。
たとえば、車で、後部座席に主人公、横と助手席と運転席にキャラとか言うとどうやって演出して良い物やら。(そういうシーンを出さないようにシナリオを調整するという手もありますが)
[PR]
by sakananovel | 2007-07-15 18:04 | 映画・アニメ

村田君がアニメを持ってくる

二週間に一度、大きいお友達があつまってアニメ鑑賞会ですよ。
私は基本的にテレビを見ない人なので、この会が無かったら時代に乗り遅れているはずですよ。
感謝ですのう。

ホスト部
演出力が凄いっす。今期のトップですね。
私設警察隊の動きなどを見ると、ああ、技術力が高いスタジオなんだなと実感できますな(^^)
キャラ立ちが良いなあ。

ブラックラグーン
最初リアル系黒社会ものをやるのかと思いきや、じつは馬鹿ガンアクションをやりたいらしい。
レベッカがうぜえ事です。

ひぐらしのなくころに
綿流しが終わったのだが……。
変な顔で怖がらせようとしてるけど、なんか「あー」と引いちゃう演出になってしまうのが難ですな。
ちなみに原作の方のプレイは鬼隠しのお祭り前で止まっております。
レナさん、真面目なシーンで「~~かな、かな」は止めてください。あと、出てくるキャラ発狂しすぎ。

うたわれるもの
すばらしいですよ。最初なんだか壮大な戦記物と思っていたのですが、話が進むたびに国の規模がどんどん小さくなりますです。言ってみれば、中国大陸制覇の話かなと思っていたら、県レベルかなと思い、最近では区レベルの紛争なのではと思ってしまいます。大国の殿様が出てきて主人公とチャンバラをして「またあおう」ではないですよ(^^; 匹夫ですかいあんたは。

涼宮ハルヒの憂鬱
噂の京アニがめちゃくちゃをやってる作品。うごくうごく、みくるちゃんが可愛いですのう。原作の志向している方向の十歩先をアニメ化してしまう京アニマジックは健在というか磨きが掛かってるというか。
ハルヒは原作と変わらずウザイ。
[PR]
by sakananovel | 2006-06-12 10:41 | 映画・アニメ

ロボ物OP集



鉄人28号初代~ガオガイカーまでのOPアニメを集めたファイルがメリケンでアップされてて、それを見てたのですが、やっぱはまってしまいますなー。

ここ>>

思ったのは、意外に鉄人(初代)が格好いいとか、メカンダーロボの攻撃が凝っていてカコイイとか、サンライズ系と他の系列だと異様に差があるとかですなあ。
スーパーロボット大戦に参戦するぐらいのロボットはやっぱOPからして風格が違う感じです。
サンライズ系でも冨野物は格別に格好いいですなあー(^^)
あー、ダンバインカコイイ。
国際もの(J9とか)も金田飛びしてて良いなあー(^^)
ああ、日本のオタクに生まれて幸せであります。
鉄人28号って三回リメイクされてるんすなあー。最近マガジンでも漫画リメイクされてますが。
あれー、アストロガンガーが入ってないよー(笑)

これは江神兄さんに教えなくてはいけませんなー。
[PR]
by sakananovel | 2006-05-13 23:56 | 映画・アニメ