<   2005年 09月 ( 13 )   > この月の画像一覧

サカナのカスタマイズ完了~

サカナの新型に向けたカスタマイズが完了しました。
どこら辺が改造されたかというと。

・サムネイル付き/章タイトル付きセーブロード
・クイックセーブ、クイックロード実装
・オートモード実装
・超スキップ実装
・BGM、SEの音量コントロール機能実装
・メッセージ速度を10単位でコントロール可能
・オートモードの速度を50単位でコントロール可能
・おまけCG閲覧モード実装
・シーン回想機能実装
・おまけ音楽鑑賞モード実装
・シナリオマップ機能実装

という感じに盛りだくさんです(^^)
これくらい実装すれば、ノベルゲームとしては問題ないでしょう。
かなり遊びやすくなったと思われます。
立ち絵を張り替えて、10月初旬にはネットにWEBⅢ型をあげますので、もう少々おまちくださいね(^^)
b0043794_165165.gif

WEBⅢ型のタイトル画面はストロベリーピンクであります。
[PR]
by sakananovel | 2005-09-26 01:08 | 同人ゲーム製作

リレー小説 五周目

凡力さんちのリレー小説が、ついに五周目に入りました。今回はハードボイルド調でSF無し縛りとのこと。
現在走者三人目で、なかなか良い感じに滑り出しているのでは無いかと(^^)

リレーでSFでてくると話の底が抜けやすいので、禁止ルールは面白いかも。
SFとか伝奇のネタは前振りと回収がむずかしいので先が見えないリレー向きではないのかもしれませんな。
[PR]
by sakananovel | 2005-09-21 10:17 | お友達系

リン・バースをやりました

夏コミで入手したリーンゲートさんの『リーン・バース』を遅ればせながらやってみました。

すげえ、良い出来じゃん!

うむー、サカナの立ち絵やらカスタマイズやらが忙しくて、プレイを後回しにして居たのは正直申し訳ないぐらいの良い出来!
硬度と純度の高い文章、色付いてないのに気にならない細やかな立ち絵、すんげー臨場感のエフェクト。
めちゃくちゃ良い出来じゃないですか!! これはすげえよ、斎川さん、りうさん。
ちゃっちゃと色つけてWEB体験版を出しなされ、これは評判になるよー(^^)/

特筆すべきは斎川さんの文章の質の高さ。正直あの設定では薄いラノベ崩れになろうかと思っていたのですが、いやあ、凄い手練れだわ。かっちりまとまっていて良い感じです。キャラ立ちも良い感じ(^^)

りうさんの絵も弱いかなと思ってたのだけど、動くと凄く良い感じで効果を倍増してますな!!
あとは音楽とSE付ければ、そうとう最強であります。あとは製作速度ね(^^)

いやいや、先が楽しみな作品がまた一つできたですよ(^^)
いまサイトの日誌見てきたら、WEB版が十月頭だそうな、アップしたらここでも報告しますんで、是非みんなやってみてください。すげえお勧め。
[PR]
by sakananovel | 2005-09-18 21:22 | 同人ゲームレビュー

システムカスタマイズ~

サカナのシステムをカスタマイズしております。

システムカスタマイズとは、ゲームのセーブやロード回り、システム系の改造の事を言います。
ユーザーインタフェースとかデザイン力とかが関わってきますので、結構難しい作業ですね。

だいぶ出来上がりつつありますな。絵付きセーブ・ロードは順調にうごいております(^^)
全画面なのに、意味無くクイックセーブ、クイックロードも実装。
現在CGモードを構築中です。

結構スクリプト作業は面白いっす。バグを消してちゃんと動いた時の嬉しさといってら、もう(^^)
はまってしまいますな。
九月中にカスタマイズされて、新立ち絵を実装したWEBⅢ型体験版を出したい所です。
[PR]
by sakananovel | 2005-09-15 16:59 | 同人ゲーム製作

アウトラインプロセッサという思想

 シナリオ補助ツールの紹介の二回目です。
 今回はエディタにしてアウトラインプロセッサである、StoryEditorです。
 無料でフリーのソフトでありますよ(^^)

●アウトラインプロセッサって?
 アウトラインプロセッサというのはどういうソフトかと言いますと、構造保ったまま楽に執筆する為のツールでございます。

 小説以外の本を書くときに、目次から作る手法というのがあるのですね。
 まず、目次を全部書いて、その後その目次にどんどん肉付けしていって一冊の本を作る方法です。
 これは、思ったよりもずっと早く、簡単にドキュメントを製作出来るのですな。
 マニュアルや解説本の場合、文章単位での流れのような物は無いので、書きやすい項目からどんどん書いていきます。ずーっと書いていると、そのうちに終わります。(そのあと編集さんから山のような赤がはいってきますです)

 ゲームのシナリオというのは、文芸作品というよりも、コンテンツの部品である面がかなり強いので、アウトラインプロセッサとの相性が良いのですな。

 シナリオをアウトラインプロセッサで作る場合は、場面やエピソードで章を区切って行きます。
 プロットに合わせて、大まかに章タイトルをどんどんツリー構造の中に入れていくのです。
 章タイトルの集まりが出来たら、構成を見直します。エピソードの流れとか見るわけですよ。

 さて、ここから普通に一章ごとに文を入れていく事もできますが、各章のテキスト欄に簡単なあらすじ(シノプシス)を入れ、更に構成を煮詰めて行く事も出来ます。この方法を箱書きと呼んでいます。

 絵を描くときは、一気に完成体を描くのではなくて、下書きで構図を詰め、画面バランスなどを見ながら、どんどん完成体に近づけて行きます。
 シナリオを書くときも、同じように、ツリー構造>シノプシス>本文執筆 と積み上げて行く執筆が楽なのです。書くことがあらかじめ決めてあるので、執筆中にうんうん唸らなくて済むわけですな。

 アウトラインプロセッサでシナリオを組むと、分岐構造が目に見えますし、大きい流れを把握しやすくなります。
 特にアドベンチャー系のフラグ管理がややこしいシナリオを組む場合は、アウトラインプロセッサが役に立つことでしょう。

b0043794_10254152.gif

アウトライン執筆例(編集中のサカナWEBⅢ型)
[PR]
by sakananovel | 2005-09-12 10:25 | 同人ゲーム製作

サニーガールさんからもスゲエレビューを頂いた

 サニーガールさんから、WEBⅡ型のレビューに続いて、DI版のレビューを頂きましたよー。
 うおー、DI感想祭りですよー。長文で愛と力がこもったレビューでありますよー。
 かなり精細な感想で、凄く参考になります。(なるほど推理の思考の跳躍について行けない人が多いのかー)
 凄く嬉しいですよー。つぐみさん、ありがとうございます。

 自作の問題点というのは意外に発見しにくい物なので、きちんと書いてくださると本当に助かるのであります。
 しかし、良いところは良いと誉め、悪いところはきちんと駄目という、なかなか出来る事ではありません。凄くきっちりした質の高い批評眼でありますよ!
 半身版で問題点を改善しましょう(^^)
 半身で治らなければ、その後の版で。積み上げ型の製作だから出来ることですねー。

 同人ゲームというのは、自由になんでも製作できるという良い点があります。が、反面、人の意見が届きにくいので独りよがりな失敗を犯しがちです。プロの小説や漫画で編集者が付くのは、作品を崩すようなエラーをチェックする面もあるのですな。
 今回の凄腕さんたちによるサカナのDI意見祭りは、同人における編集者システムの代替えにもなりそうな気がしますね。相互互助で品質を高めていけると、凄く同人ぽくて良いですなあ。

 しかし、サカナという作品はスゲエ感想を沢山入れて貰えて、本当に幸せです。
 本当に皆さんありがとう(^^)

 話は変わりますが、猫先生とエリザが好きなのですか(^^) エリザ好きの方は初めてですよー。
[PR]
by sakananovel | 2005-09-10 10:46 | 同人ゲーム製作

空の上のオモチャオンリー即売会。そらけっと開催!!

 凄いですよ、半端マニアさんたちのゲリラライブ即売会ですよ。
 本日夜八時頃から、相模大野駅前の一角で半端さんたちがそらちゃのオンリー即売会、そらけっとを開催するそうです。
 まるで無許可の野菜の路上販売ですよー。
 わー、飲み会入ってなかったら絶対行くのになあ!
 お近くの方はお誘いあわせの上、半端さんたちの暴走を見学に行きましょう。
 後日詳細なレポ記事が読みたいですよー(^^)
[PR]
by sakananovel | 2005-09-10 10:13 | お友達系

バトン供養

バトンが一斉に三つ回ってきましたよー(^^)
供養として、いっぺんに答えませう。


アイゼン伯爵さまから来た、フェチバトン

【Q1】あなたは何フェチ?
→あまり特化したフェチはないですなあ、弱めに広く当たる部分が拡がっている感じ。

【Q2】異性を見るときまずどこを見る?
→目かなあ。目が強い人は魅力的だす。

【Q3】最近プッシュ出来る部位
→鍛えてないのであまり無いのだ。

【Q4】異性の好きな部位5つ
→うなじ・手・ふくらはぎ・お尻・お腹。

【Q5】フェチを感じる衣装
→フェチ直撃なのだが、ラテックスてらてら系のスーツが好き。

kaiさんから来た、~好きなタイプバトン~

●好み●
ほがらかで楽しい人。

●体型 外見●
小さい感じの人に萌え。

●性格●
ちゃんとしてる人が好きですね。

●エロに対して●
エロは人生にとって大事だよねえ。

●実際●
砂漠つうか。

●まとめ●
好きなタイプも結構広いのだよねい。


音さんから来た、酒バトン

■今、冷蔵庫に入っているお酒の容量は?
酒は常備しておりませぬ。
■好きな銘柄は?
ビール好き。
■最近最後に飲んだ店は?
クワイ屋
■よく飲む、もしくは思い入れのある5杯
キリンビール、アサヒビール、熱燗、冷や酒、ズブロッカ。

この三つのバトンを誰にも繋げず虚空に投げ捨てます。
供養供養、な~む。
[PR]
by sakananovel | 2005-09-09 10:02 | お友達系

シナリオを書く為のツール

 いえエディタの事じゃありません。エディタは、O'sか、ストーリーエディタか、好きな物を使ってくだされ、そんなに使い勝手がべらぼうに違うものでもないので。

 今回はシナリオのチャートとか作るためのツールについてのお話です。

■なんでチャートを作るのか

 ここでは一括りにチャートと言っておりますが、シナリオ作りをするときに参考にする、マインドマップ、補助用フローチャート、流れ図、時間軸表などのグラフィック図面を総称して、チャートと言っています。
 どうしてチャート類を作らなければならないかと言うと、考える補助の為なんですね。
 頭の中に浮かんだお話は、最初はブアブアした柔らかい固まりなので、全体的な話の流れとか、方向性とかが読みにくいわけなんですよ。そこで、フローチャート、流れ図、時間軸表で仮固定して検討できるようにして、調節する。その為にチャートが必要な訳です。
 面白い物でマインドマップとかを作ると、色々アイデアが浮かんで来ますし、物語の全体の動きが目で追えるわけですな。

■発案段階だとマインドマップ

 マインドマップというのは、ドラゴン桜でもやっていた、要素を線で結んで関連づけて行く表記方です。
 意外とみんなやっている方法ですね。
 講座仲間のみっき~どんがノートをマインドマップで筆記していたのをみて、ああ、できる人はちがうのうと思ったりして(^^)
 紙でもやれますが、フロー作成ソフトでも作れます。
 パソコンでやる利点は、線の繋ぎ変え、位置変更が簡単にできて、見易いところですね。

 お勧めフロー製作ソフト>>PlanningFlow 4

 とりあえず、チャート製作のコツは、思いついた要素を全部書きとめる事です。
 線をつなげて整理するのは後でやりましょう。

■チャートは自分の為と人の為

 チャートを切る目的の一つはアイデアを仮組して自分の中で検討する事なのですが、もう一つ大事な役目があります。それは、多人数製作の時の為のコミュニケーションツールとして活用できるのですね。

 会話とかで物語の話をすると、どうしてもイメージのズレが起こりやすく、説明するのも大変であります。そういうときチャート組みした図があると、かなり解りやすくなるわけですよ。イメージの共有やすり合わせは多人数で作業する場合絶対にやっておかないといけない作業でありますから、図版を作成するスキルがあると効率が良いのでありますな。

 特にアドベンチャーゲーム系のシナリオはフラグ管理や選択肢による分岐、時間軸による行動コントロール等、チャート化しないと訳がわからなくなる部分が多いのです。
 PlanningFlow 4のヘルプ等でチャートの切り方の説明が易しく、みっちりと書いてありますので、勉強して損はないとおもいますぞ。

 さあ、君もLet'sチャート!

b0043794_16402588.gif

PlanningFlow 4の画面例

 ツールお勧めシリーズ(1) PlanningFlow 4
[PR]
by sakananovel | 2005-09-08 16:40 | 同人ゲーム製作

誉められるとなぜか困る

 誉められ慣れて無いので、誉められると居心地が悪いのであります。
 いや、ぴこ蔵師匠のブログでサカナの凄い感想を頂いたのですが。

 嬉しいけど、なんか落ち着かないというか、足下が浮いてしまいますなあ。
 しかし、なんて凄いトラックバック感想なのだー。ぴこ蔵師匠ありがとうございますm(__)m
 絶賛でありますよ。長文ですよー。格好いいテキストですよー。
 うわー、うわー。(うろうろ)

 もー頑張るしかないですよ。絶賛の半分ぐらいの品質にまで仕上げないと申し訳ないであります。

 あと、ファンの人のからの感想メールとか、ネットでのレビューも本当にありがたいです。
 同人だとダイレクトに反応が帰ってくる感じで、ものすごく楽しいし嬉しいですよ。
 読者さまあってのサカナ・ノベルでございますよ。

 半身版がんばりますっ!!
[PR]
by sakananovel | 2005-09-07 23:44 | 同人ゲーム製作