<   2006年 09月 ( 12 )   > この月の画像一覧

650さんからレビューを頂きました



いつもお世話になっている、650の無味乾燥さんからレビューを頂きましたよ(^^)

誉められてますよー。
評価がS-が来ました、嬉しいです。

アレな形容詞に関してはこんな物を参考にしつつ悪のりしております。

言い換えはやり始めると幅があって面白かったですな。
形容詞によってシーンの勢いとか雰囲気が微細に変わる感じでありましたよ。

個人的には”僕のビックマグナム”が使いたかったのですが、今一三太君にあわない感じがしてやめました。
[PR]
by sakananovel | 2006-09-29 10:41

小松菜屋さんのデザイン

小松菜屋さんが新規企画で学園コメディゲームに参加なさるそうな。どうもはちくまさん関係らしいでありますな。
>>>>ねこのみかんさん
猫耳学園物で面白そうです(^^)

しかし、小松菜屋さんのデザイナーさんは、わらしなさんなのか、はたはたさんなのか解りませんが、異様に上質でありますね。
同人ソフト界のトップデザイナーと言えば半端マニアさん(なちさん)と私は思ってますが、小松菜屋さんもタメをはれるぐらいデザイン力が高い気がします。

夏コミで戴いた「蛙の悲鳴-産」もそれはそれは良いデザインでありまして、CD盤面なんかを見て「うへえ」と溜息をついてましたよ。(中身の絵も素敵でしたが)

デザイン力が高いと「製品」としての品質が上がり、なんか顧客満足度が上がる気がします。
まあ、ゲームは本体がキモなんですが、パッケージなどの外物のデザインが良いと「気を使っております」って感じがして良いですな(^^)(売れ行きにも関係しそうです)

デザイン力を上げるにはどうしたらいいかというと、好きなデザインを真似するのが良いかと。(あと本を読んでデザインの基礎知識を入れておく)真似して真似して真似しているうちにツボみたいな物が解ってきますし、だんだんと感性なんかも磨かれて来ます。
まあ、サカナ・ノベルのデザインは「まあまあだけど、鈍い」と評判ではありますが(笑)
[PR]
by sakananovel | 2006-09-26 11:28 | 同人ゲーム製作

マルチエンドという運命の輪

マルチエンドシステムというのは、ある意味、運命の輪の場を作る作業に似ているですな。
その選択を選んだ先に何があるのかという、運命の迷宮をつくる作業ではないかと最近思ったり。

サカナの場合、お話の結末を見越して作ってるかというと、ぜんぜんそうではなくて、かなり行き当たりばったりに組んでいますので、私自身、ぜんぜん先が読めなかったりします。
DIのエンドまではきっちり構想立てて作ったのですが、Uエンドあたりからは結構その場の即興で組んでおります。
頭の中で構想するよりも、テキストをその場まで進めないと見えない流れがあるような気がしますなあ。

行ってみないと解らないという例に辰巳シナリオ(実質辰巳ルート)がありました。
辰巳シナリオがああなったのは、読者の方から「辰巳のエンドがみたいみたいみたいー」と言われてまして、「いやいや、サカナエンド用に組んだ基本設定が障害になってるから無理無理無理」と思ってお茶を濁して居たのですが、辰巳のエロシナリオを書いている内に(あれ、これって行ける?)とか思い、組んでみたら、結構行けましたという事だったのですな。
なんでもその場に行って見渡してみないと解らないわけです。

で、今回「眠り姫のハッピーエンドがみたいみたいみたい」と言われまして……。
考えました。

行けるかもしれない(^^)

こうなってくると、もうストーリーの束というよりも、サカナの駒岡という場(フィールド)が発生してる感じがしますね。
一つの筋の道が通る場所ではなくて、さまざまな路地が立体的な接続をしているお話の迷宮、みたいな。
[PR]
by sakananovel | 2006-09-21 13:10

厚木に打合せ

狗張り子の絵師さんのシルドラさんの地元、厚木に打合せに行きました。

ついでに廃校の取材もーと思ったのですが、一足違いでバスに間に合わなくて結局中止。10/1に車で廻ろうと言うことになったですな。

とりあえず、シルドラさんのページに新生犬子さんのラフなどあったりして(^^)
サカナ犬子とちょっと違いますが、それも面白しという感じで。
しるどらさんち>>>ここ

厚木をうろちょろした後、串焼き屋さんでお酒を飲んだり。
いやあ、凄い美味しいお店でした。あんな美味しい串焼きははじめてでしたよ。

温泉街とか町並みとか色々ロケハン中であります。
[PR]
by sakananovel | 2006-09-19 22:22 | 同人ゲーム製作

感想きたきた

なんか、サカナの運命の輪は追加部分がエロシナリオという事もあって感想があまりあがって来なかったのですが、ぽつぽつと来始めた感じですな。

zuki樹さんからのご感想>>ここ
いつもありがとうございます(^^)
ぐらぐら来たのは、あの子のシナリオなのかなあー、とか思ったりしましたです。
あの子に関しては別体のなんかでハッピーなのを出したいと思ったりしてますよ。

ろーたろう兄さんの考察>>ここ 
おお、立派な考察ですな。ありがとうございます。
ちょっと中盤にコミカルが過ぎた感もありますね。舞台全体が持っている厳しいお話と、キャラの明るさが乖離してる部分があって、そこで「うーん」なのかも。バランス取りがいびつな感じなんですな。
一要素だけで、まとめたら良い感じになりそうではありますが、この盛りだくさんな感じがサカナってコンテンツだという気もしますのでいたしかたがありません(笑) あれですよ、カレーと寿司を一緒に出されたという感想がありましたが、狙うのはトルコライスっす! カレーにスパゲティにハンバーグとカツを乗せるっすよー。
[PR]
by sakananovel | 2006-09-13 16:21 | 同人ゲーム製作

バトン二本

アイゼン伯爵さまから渡されたバトン二本であります。

【絵描きバトン2】

●いつ頃から描いてました?
うーん、小学生ぐらいかな? 

●下書きの迷い線は多い方?
わりかし多い方ですな。
最近はOCの木炭状のペンでぐりぐりとアウトラインを取る方法を開発しました。デッサンみたいに描くですよ。

●ペン入れ等の用具は?
全部パソコン上で描いてます。スキャン面倒でしてなあ。

●好きな作業は?
特になし。下書きとか?

●背景怖い・・・
最近は少々楽しくなってきました。
ちまちま細かい物を書き込んで行き、有る一点を通過すると絵となります。その瞬間が好き。

●右向き平気?
平気ですよ。

●参考にしてる絵描きさん
ルーミス本とかジャックハム本とか。

●まず何処から描く?
流れというか、ボリュームを大まかに太い線で最初に取ります。

●描く時の必須アイテム(例:珈琲)
煙草と珈琲

●好きなイラスト描きさんで,回せそうな人七人
七人とか多いよね。
つか、空中に投げ捨て。


次に本棚バトン

■家にある本棚の数
五個?
一面壁に本棚という所があるっす。

■今読んでる本
夏目漱石「こころ」

■最後に買った本
横井光輝「闇の土鬼」

■よく読む本・また思い入れのある本(5冊)
「夜と霧」ヴィクトール・E・フランクル
すごい本でありますよ。人間は凄いですなあ。ナチスもユダヤさんも。

「収容所群島」ソルジェニーツィン
すごい本でありますよ。人間は凄いですなあ。政治犯さんも共産党も。

「やさしい人物画」A・ルーミス
人物絵を描く事をシステマチックに教えてくれる本。

「魔界転生」山田風太郎
十兵衛さんカコイイ。

「龍馬がいく」司馬遼太郎
龍馬カコイイ。

■次に5人指名
これも虚空に投げ捨てっす(^^)
[PR]
by sakananovel | 2006-09-11 11:53 | お友達系

だらけたおしております

コミケが終わるといつもだらけるのですが、今回はサカナが終わった事もあり、特にだらけ倒しであります。
だらーんとやりたかったゲームをやっておるのですな。
戦国無双2と零の刺青の声とかやってますな。ぼくのなつやすみの2もやりたいのだけどなあ(笑) あとペルソナ3
ですが、秋から冬にかけては創作のかき入れ時なので、そろそろエンジンを掛けねば。

冬から秋にかけてやること
・狗張子の立ち上げ
・サカナのプレス版のためブラシアップ
・オマケ・ノベル作成
結構やること多いですな(^^;

オマケノベルを文芸フリマに出そうと思っていたのですが、知らない間に申し込み期間が過ぎてましてお困りさまであります。コミケ合わせにすると、いろいろ大変な人も居るので、なるべく秋の中程を製作期間としなければなりませぬ。
コミクリに申し込むかなあ。でも、あそこは文化祭みたいで楽しいけど、お客さんが来ないし。でも発表する即売会が無いと気合いはいらないしなあ。と迷い中であります。
[PR]
by sakananovel | 2006-09-06 15:41 | 同人ゲーム製作

葉露(えるふみみ魔法王国植民地さん謹製)をやった

葉露(えるふみみ魔法王国植民地さん謹製)

葉露をやったのですが、これは凄い出来の代物です。神ゲーですよ!
肉棒ファンタジーで超エロエロなんですが、ちゃんと根幹がハイファンタジーしていて格好いいです。
エロは超動く、キャラ立ちがかっちりしてる、お話が面白い、パズルゲームとしても良い、やりこみ要素までついてます。
これで1,890円はメチャ安です。
ぽに犬さんはすごいなあって感じです。ああ、同人でここまでやってる人が居るのだと勇気がわいてきましたよ(^^)
絵も癖はあるのだけど、良い質感の塗りで上品さがただよいます。背景描写が味わい深いっす。

狩とかHとかを二角取りというパズルで表現してるのですが、狩に行って、帰るときのもの悲しくてほんわかする感触がとても良かったですな。
ちゃっきー先生とのランダム馬鹿話もいかしてます。
なにより、あの歌のタイミングがすばらしいです。泣けます、感動します。

興味がでたら、すぐ買うのです、絶対に後悔はしませんから(^^)/
これはやらないと損なコンテンツであります。

逆上ぎみに興奮しながらお勧めします!
[PR]
by sakananovel | 2006-09-06 11:32

ヌードクロッキー初挑戦

一度やってみたいと思っていたのですが、料金の高さとかで二の足を踏んでいた事にヌードクロッキーがありました。
で、ミクシイで個人主催の安い会(二時間二千円)があるのを知って参加してきましたよ(^^)

面白かったー!

場所は文京区の公民館みたいな場所で、東京ドームの近くであります。地下一階のアトリエで行われました。
参加者さんは絵画系の人が多いのかな? でかいスケッチブックに木炭の人から、お絵かき帳にクレヨンの方とか色々いらっしゃいました。
私は4Bの鉛筆にクロッキー帳という構成です。

モデルさんですが、若くてダンスをやってらっしゃる、小柄な美人さまでありました。
中央の台の上でポーズをとってくれます。

私はエロ星人なので、不用意に欲情しないかな? とか思ってましたが、絵のモードにはいると裸も結局書くべき塊でありまして、二時間みっちり楽しく描いておりました。人体って美しいなあと再認識です。
おっぱいとか鎖骨とか腰骨とかを主に目に焼き付けましたぞ。

スケジュールは
五分ポーズ四回>十分ポーズ二回>ムービング(自由に動いてストップを掛けて描く)十分>十分ポーズ二回>五分ポーズ四回という感じ。
クロッキーなのでサクサク描かないとなりません。出来るかなと思ってましたが、写真からデッサンを取る練習は何回かしていたので、結構いけました。

面白かったので、また参加しようと思いますです。
[PR]
by sakananovel | 2006-09-04 09:46 | 講座がらみ

パッチがついに07へ

なんつーか、それまで二本だったパッチが、いきなり運命の輪で五本ですよ(^^;
とはいえ、プレス版を出すまでに不具合は全部直す勢いでやってしまいましょう。

さて、謎の不安定動作の原因がわかりました。
サークルロゴとばしの命令が閉じてないという簡単な理由でした(^^;

クリック監視フラグジャンプという命令がありましてな。マウスの左右クリックを拾って、押されたら特定のラベルに飛ぶという命令なんですが、命令を仕掛けたら、オフ命令もセットでいれないと、ずーーーと効いてしまうわけです。
なんでステルスな障害だったかというと、特定のラベルに飛んだ時点で命令は自動的にオフになるんです。
私はせっかちなので、毎回、雛森嬢の美声の「ゆかいつ――」あたりで飛ばしていたのでした。そうするとlr_trap命令は自動でオフになるので障害は発生しないわけです。サークルロゴをゆっくりと見てくださった偉いお客様にだけ発生するバグだった訳です。

ちなみに
lr_trap *ラベル名
という感じに表記します。右ボタン左ボタンをクリックしたら>*ラベル名に飛ぶという命令ですな。
飛ばす事が可能なシーンが終わったら必ず
lr_trap off
という命令でトラップを切っておきましょう。
Nscripter本の辞書で自分で書いておきながら、このていたらくであります。紺屋の白袴ですなあ(^^;
トラップ系の命令は、サークルロゴを飛ばしたり、エンドロールを飛ばしたりの時に良く使いますので、オンオフを気を付けて使いましょう。

今回の障害の原因は、サカナ・ノベルのスクリプト顧問、森皿尚行さん(debris)が見つけてくれました。いやあ、感謝感謝。いつも助かってます。
[PR]
by sakananovel | 2006-09-01 13:39 | 同人ゲーム製作