<   2009年 01月 ( 11 )   > この月の画像一覧

CARRARAでレンダリング

CARRARAは何せ英語ソフトなので、妙な所で詰まると解決するまでの苦労は国産ソフトの比ではありません。
この前も、日本国内素材のポザの偉い人が、CARRARAに挑戦していたのをブログで見たのですが、レンダリングの仕方が解らないとお嘆きで、あれれと思いました。
で、そう言われて、私もCARRARAのレンダボタンがどこにあるか、思い出そうとしたのですが、「思い出せません」
なぜなら、私は[Ctrl+R]のショートカットでいつもレンダしてるからなんですな。

このショートカットはアッセンブルルーム(物品を配置する場所)からも使えるので、
①アッセンブルルームにて、素材を色々配置
②[Ctrl+R]でテストレンダ。(レンダルームでGI系の設定をしないとCARRARAはメチャ早いです、設定しても相当早いですが)
③レンダするとレンダリングルームに運ばれてしまうので、上タブを使って、アッセンブルルームに移動して修正。
という、サイクルを満足するまで繰り返します。

絵が組み上がったら、最後に、レンダルームで色々とレンダ設定をして、本レンダして完成となります。

そういや、どっか別の人も「CARRARAのレンダが解らん」と言っていた覚えが……。
みんなショートカット使わないのですかな?

b0043794_21211967.jpg


PWDVDから、また三点物。
建物、バス、悪者の三点です。
俺は、こういうチープな悪者フィギュアに弱いなあ。大好き。
彼は肘にコルク抜きが付いてるんですよ、便利なのか、便利なのか? そして、そんな大きいワインの瓶が君の世界にはあるのかっ!
[PR]
by sakananovel | 2009-01-29 21:21 | カララ覚え書き

PWのDVD素材を使って

b0043794_1354404.jpg


人物はいつものリザ子さん。
PWDVDから、ナース服、チョッパー、館の三点を使って、CARRARAにてレンダリング。
ポーザーからCARRARAに移すと、マテリアルの設定が変わるのが難ですな。ポーザー内ではチョッパーはもうちょっとピカピカしておりました。
[PR]
by sakananovel | 2009-01-28 13:55 | 3Dと同人ゲーム

PoserWorldの無料DVD二枚組が届いた

PoserWorldというポザのサイトがあって、過去のコンテンツを無料で全部DVDに入れてプレゼントというセールがありまして。
行きつけのポザサイトでそれを知って、「うーん、物は試し、無料だしな」と申し込んで見ました。

DVDは無料なんですが、送料は別です、アメリカのサイトなんで、日本まで17ドルとか掛かります。基本的にクレジットカードが無いと買えませんのでした。

で、今日来たわけです。

さっそくあけてみました。

……ものすごい一杯入ってる……。

フィギュアの洋服が多いのですが、背景系も入ってますし、レアな服装(軍服やらポリス服やら)も入っていて、かなりお得ですよ。
品質は、べらぼうに良いという訳じゃあないのですが、まあまあかな。
背景に良い物がたまに入っていたり。
無料でこれだけ頂いて文句言ったらいけませんね。

b0043794_0123668.jpg
b0043794_012479.jpg


素材例であります。
人体は別売りのデビットくん。
着ているのはDVDに入っていた忍者服(刀付き)
デビットくんの服があまり無かったので、沢山増えてありがたしです。
ポザに付属のマイナーフィギュアのお洋服も結構はいってます。

くわしい申し込み方は、いつもお世話になっています、ポーザー覚え書きさんが詳しいであります。(人任せすんません)

ポザ買ったけど、素材が足りなくて大変、という方にお勧めです。
申し込みはお早く、1/31までー。

b0043794_0595611.jpg

CARRARAでもレンダリングしてみた。
[PR]
by sakananovel | 2009-01-27 00:15 | 3Dと同人ゲーム

直感と打ち合わせ

前の記事で、思考が直感的なので打ち合わせが苦手だと書きましたが、これは、創作とか企画の、形がない物の打ち合わせ限定であります。
普通の打ち合わせ、たとえば、エクセルの計算書を作れ、などの打ち合わせには直感とか要りませんので、なんら問題がありませんですよ。

直感が必要な、創作やら企画やらの打ち合わせは、開始時点で影も形も無いので、参加者のとらえ方も色々で、べらぼうに誤差が生じるのですな。
なにしろ、世界にそれは無いのですから(^^;

無から有に発生させるのですから、それはそれは把握しにくい訳で、直感を使うしかありませんのです。
創作の場合、プロット構成法やら、テーマやら、企画書の書き方やら、直感を論理に変える、色々なノウハウがあるのですが、これらは全て、他人にこの世に無い物を説明する方法でしか無いわけです。
だから、企画書が異様に上手いのだけど、製品はしょんぼりなディレクターとか居るわけです。

創作系の物は作ってみないと解らない、という部分が多々あるわけですよ。
作ってみないと、ファンタジーの旅物にどんだけ素材が居るのか解らないし、その手間がどれだけ作品の品質に関わるかは、終わってみないと解りません。

誰かがやった事とまったく同じ事をするなら、それは楽なんですが、そういう事をすると、あまり尊敬はされませんし、どこから出てきた直感なのかが解らないので、本質的な力にはならない気がしますね。

そんなこんなで、やっぱり打ち合わせは難しいのでした。
[PR]
by sakananovel | 2009-01-26 15:10 | 同人ゲーム製作

打ち合わせは難しい

私は結構会話スキルが低い方で、打ち合わせに苦労したりします。

意見の相違で論争になり、場がヒートしたときに、色々説明出来なくて困ったりしますね。
どこか思考法を直感に頼ってる所があって、その意見は違う、と思っても説明が出来ないのですよ。
打ち合わせが終わって、家に帰ってしばらく考えると「ああ、そうなのか」と、自分でもやっとわかったりしますので、相手に解るわけが無いんすな。

直感思考といえば、魔法少女サカナの中で、主人公の三池くんに直感で答えを思いつかせたら、読者の方から「都合が良すぎる」と批判されました。
批判を読んで「えー、俺の思考って大抵はそう動いてるんだがー」という感じでビックリした覚えがあります。
フィクションの場合は、直感ではなく、ロジックで詰めていくと雰囲気が出るようです。サカナでもそういう感じに書き直しました。

打ち合わせ現場でも、すらすらと直感をロジックに組み直せれば良いのですが、自分がなぜ正しいと思ってるのか解らない時や、相手がどこが解ってないのか読めない時があるので、難しい物です。

答えに妥当性があれば、それは直感ですが、間違ってるならそれは思いこみであります。

まあ、打ち合わせで衝突が酷いようなら、一旦、意見の対立を止めるのが良いのかもしれませんね。
後日ロジックが立てば、相手も納得するかもしれませんし、単なるこちらの思いこみで向こうが正しいのかもしれません。

というわけで、打ち合わせは難しいのでした。
[PR]
by sakananovel | 2009-01-21 13:40 | 同人ゲーム製作

650さんから、ふた☆まほのレビューをいただきました。

で、09年の前半に、バニラ堂MAXさんから頼まれて抜きゲーのシナリオを書きましたのですよ。
でー、夏コミにまにあわなかったらしくて、音沙汰無いので、「お蔵入り?」と思ってたのですが、650さんのレビューで、完成を知り嬉しく、ライター買いしてくれたので嬉しく、そしてレビューをいただいて、累乗で嬉しいので、ぽぽんと浮遊です(^^) 感謝感謝。

650の無味乾燥さん

バニラ堂MAXさん
[PR]
by sakananovel | 2009-01-20 02:09 | 同人ゲーム製作

雲上四季さんから、国都の剣α4の感想をいただきました。

ちゅうわけで、浮遊二本目~

雲上四季の秋山先生から、国都の剣α4の感想をいただきました。

α4ですよα4、なにせ、追加時間がすくなくて、しかも盛り上がらない部分の加算で異様に感想の書きにくい部分でしたのに、秋山先生ありがとうございます。

つか、制作中は、ぐったりスパイラル中で、製作がなんともぐったり度+だったので、感想は嬉しく、かつ、心苦しいです。

雲上四季さん
[PR]
by sakananovel | 2009-01-20 02:01 | 同人ゲーム製作

650さんからオマケノベル八号のレビュー

とまあ、ぐったりしている時にも、色々嬉しい事は起こり、少々浮遊したり。

650さんから、オマケノベルのレビューをいただきました。

>>650の無味乾燥さん
色々ほめられて、浮遊~。
ありがとうございます(^^)
[PR]
by sakananovel | 2009-01-20 01:55 | 同人ゲーム製作

ぐったり09年の抱負

・ぐったり状態からの早い回復。(ブログ書いてるとちょっとなおる気がする)

・国都の剣完成版

・オマケノベル十号記念企画「シナリオの鉄人」(09後期)

オマケノベル九号は三月末締め切り(ぐったり)

・五月のコミティア同人ソフト部へなんか参加
[PR]
by sakananovel | 2009-01-19 23:53 | どうでもいいこと

ぐったり08年の収穫

でまあ、08年は全体的にぐったりしてたので、創作の収穫は、オマケノベルの短編二本と国都の追加二回と思われがちですが、実は、
・同人抜きゲーのシナリオ 280k
・コンシューマーゲームのシナリオのヘルプ、二本
と、三本追加で、まあ、水面下での製作はわりに豊作だった気がします。

「やったあ、俺!」とは思えずに「ふーん」という感じで喜びがわかないのが、ぐったり状態の辛いところですが(^^;

09年はもっと豊作にしたい物です。
[PR]
by sakananovel | 2009-01-19 23:02 | どうでもいいこと