<   2009年 07月 ( 24 )   > この月の画像一覧

次は『護法少女ソワカちゃん』が来ます。   たぶん。

ちょっと調べ物でネットをうろうろしていたら、イカスコンテンツを発見して、だだみしてしまった。

『護法少女ソワカちゃん』

まあ、ニコニコ系ミク目オリジナルソング科のアニメなんですがね。
そして、もうDVDがでるやら、あちこちの本で紹介されるやらで、ほぼ来てますが(^^)

とにかく、下手カッコイイです。
なんだか、脱力系でありながら、超マニアなネタ満載。
これはミュージカルでもないし、アニメでもないし、歌謡でもないし、なんか、ソワカちゃんとしか言いようのないまったく新しいオリジナルコンテンツであります。
(唯一似てるのは、ギャグマンガ日和3の超合体戦士サンゴッドV オープニングテーマでしょうか)
[PR]
by sakananovel | 2009-07-31 16:43 | 映画・アニメ

インドポルノはんぱねぇ~

これだ

ポルノ規制がはいったら、こんな感じに、暗喩暗喩で描けばええんちゃう?
[PR]
by sakananovel | 2009-07-30 03:05 | どうでもいいこと

陵辱ものの考察

私はあまり陵辱ものを書かないのですが、児童ポルノがらみでちょと整理しておいた方が良いなと思い、考察であります。

●陵辱物はてっとりばやい。
 陵辱物シナリオがラクチンなのは、エロいシーンまで最短距離で行けるからですな。
 エロイシーン=実用的なシーンなので、これはコンテンツとしてシンプルで強いわけです。
 なぜ、最短距離を走れるかというと、シチュエーションだけで、キャラ取りとかしなくて良いからです、陵辱される相手はエロについて全く責任が無いわけで、特に二次創作系などでは、原作キャラの性格を変えずにエロシーンに入る事ができるからですな。

●陵辱物の基本プロット
 ・狒々親父(親父でなくても可、浅ましい欲望を達成しようとするキャラ)登場。>純情清純なキャラを暴力でさらってくる>陵辱エロシーン>完
 という、ものすごいシンプルな構造のお話なわけです。

 狒々親父キャラについては、もう、なんのキャラ立ちもいらなくて、醜悪な行動する意志さえあればオッケーです。
 清純キャラの方は、ある程度、可愛い、綺麗、清純な描写が無いといけません。スーパーヒロインだったりもしますね。
 オチなんかもいらなくて、眠っていた特殊な力が目覚めて狒々親父を倒すか、お回りさんがやってきて救出されるか、最悪、清純キャラが不幸なまま終わらしても何ら問題はございません。陵辱物のメインはエロシーンなのですから。

●陵辱シナリオの目的
 結局、陵辱シナリオというのは、お客さんの『エロシーンを楽しみたい』というコンセプトへ、最小のコストで到達できる、素晴らしいプロットである、とも言えますな。
 ちなみに、シナリオライティングの面からいうと、この陵辱プロットを千回書いても、シナリオ構築の手は上がらないと思います(^^) 
 特に問題のないプロットなので、考えなくても書けるからですね。
 プロットがシンプルだと、構成のテクニックは必要ありません。というか、ここまでシンプルな構造だと、小賢しいテーマやら、面白いお話、どんでん返し、などは逆に邪魔になります。
 『エロシーンを楽しませる』という、コンセプト&テーマがメインのコンテンツなので、それ以外の要素を排除した方が手っ取り早いのであります。

●陵辱シナリオの個々の差別化
 陵辱シナリオが、他の陵辱シナリオとの差異を付けるかというと、
・シチュエーション>SMとか痴漢とかレイプとかの行為の差異
・清純キャラの差異>ロリだったり、スーパーヒロインだったり、婦警さんだったり、OLだったり、女子大生だったり、女子高生だったり。
 この二種類ぐらいですね。
 この二種をタイトルや宣伝で訴える事により、コンテンツの価値が決まり、売上げも変わります。

●考察の結論
 陵辱ものは、ポルノオブポルノなので、とても作りやすい。ですが、シナリオライターの仕事としては、手も上がらず、あまり創作活動的な行為ではなさそうです。
[PR]
by sakananovel | 2009-07-29 11:14 | 同人ゲーム製作

人参雲

九州の大雨は人参雲が原因らしい。

人参雲……。

なんだか、わくわくする語感であります。
[PR]
by sakananovel | 2009-07-26 22:57 | どうでもいいこと

児童ポルノ廃案で一安心

だが、第二第三のアグネスが襲いくる可能性を、我々は覚悟しておかなければなるまい。

アグネスの恐ろしさ
[PR]
by sakananovel | 2009-07-23 21:56 | 同人ゲーム製作

月曜日は製本祭り

月曜日はオマケノベル九号の製本祭りでありました。
午後一時に集まって、ごりごりヤスリがけ、ボンド付け、アイロンがけと、気の合う人たちと、もそもそたわいの無いアグネスの悪口などを喋りながら作業をしていると、非常に幸福感が膨らみます。

午後八時に終わって、みんなで、ニルバーナ(カレー屋さん)で、おいしさの彼岸に渡って行きました。
これで、夏コミの出し物が一つ出来ました。
万歳万歳。
[PR]
by sakananovel | 2009-07-22 01:14 | 同人ゲーム製作

日曜日は出版記念パーティ

日曜日は、鏡先生の「美少女ゲームシナリオバイブル」の出版記念飲み会にいってきましたよ。

とりあえず、一時に集まって池袋行き、そして、池袋で高級喫茶店の地下で談笑であります。
コーヒー一杯七百円平均の高級喫茶店だけあって、美味しかったでございます。
その後四時から八時まで四時間、飲み会であります。
飲んだあとは、また、同じ喫茶店に戻って、十時まで談笑でした。

色々、濃い話や、頷ける話などを聞かせて頂いて、楽しかったですね(^^)
鏡先生の講座は、なんだか寺子屋とか、適塾みたいな、そんな感じで技術を伝える感触の物なんですな。
エロゲーという、まあ、世間様からすると、低く見られている技能の講習なのですが、鏡先生の場合、品質の良い物、一流の物を作る人を育てようという熱意がこちらにも伝わって、本当の力になるのでございます。

「美少女ゲームシナリオバイブル」は、私の周りの同人ゲームライターさんが沢山買っており、良い評判ばかりを聞きますですよ。
とりあえず、お勧めなので、皆さん買いましょう(^^)
[PR]
by sakananovel | 2009-07-22 00:08 | 同人ゲーム製作

ごめんなさい

なんというか、見ていていたたまれない。

アウォーク

前世紀のオタクテイストですのう。
調べてみたら、漫画ブリッコですって、なるほどね。

あさりよしとお、森野うさぎ、くあTERO、豊島U作らがやってたそうな(^^;
[PR]
by sakananovel | 2009-07-18 23:13 | どうでもいいこと

クロの幽霊


昨日の深夜の事である。
ベットで寝ていたら、なにやら、鈴の音がする。
また、クロが部屋に入って来て、うろうろしてやがるな、と思ったのだが、彼は死んでしまった土の下だ。
気のせい、かとも思ったのだが、実際に鈴の音がして、移動している。
鳴き声はない、足音や気配のような物もない。
鈴の音だけが、部屋の中で鳴ったり、廊下に出たりしている。

……。
怖くはないが、なんだか気持ち悪い。
確かめようかなとも思ったのだが、面倒だ。
しばらくしたら、音は消えた。
と、思ったらまた鳴る。
どうも、幻聴ではなく、実際の音っぽい。
が、どこで鳴っているやら解らない。
(隣の家の猫の鈴かもしれない)

特にオチはない。
あれは、いったい……? 系の話である。
[PR]
by sakananovel | 2009-07-17 14:10 | どうでもいいこと

オマケノベル九号ラインナップ

オマケノベルのラインナップが決まりました。

『団平さんと私』甲二先生 扉絵:九縞隷画伯
不幸は何時も物陰から、じっとこちらを見つめています。
愛する妻を失った私は、愛犬の団平さんと一緒に海を目指して旅にでます。遠く水平線が浮かぶ、ハートフル愛犬冒険ラブロマンス。

『反理想郷にさよならを/彼女を救え(ない)FAREWELL DYSTOPIA / (I can't)Change the world.』秋山真琴先生 扉絵:ZUKI樹画伯
大疾刀春人、彼は冒険科学者である。今日も彼は四国は三嶺山地に謎を求めて分け入って行く。大暴走冒険科学者物の新境地。官能伝奇冒険科学巨編!

『月明かりの道』川獺右端 扉絵:前191画伯
魔物でホテルマンの僕は、合戦の運営を頼まれてしまう。合戦の開催を目前に控えた夜、僕は県境で人狩をする魔物に出会う。
狗張子世界を縦断する、超犬子大戦風味合戦絵巻!

『東河の魔導師EC・CASTER』森皿尚行先生 扉絵:2の人画伯
遙か銀河でオピオンに破れたルタは東河A.E.R.へと避難する。魔女と契約を交わしたルタは十一年に渡り、彼女の息子を守ったのだが……。海を行く魔導列車、魔術とSFが立体交差する本格魔法学院青春ロマン!

『パイプライン』広川伊砂緒先生 扉絵:大胡あすか画伯
マンション育ちにして屋上マニアのセッキーさんは忍び込んだ屋上でナツカさんと出会う。フェンス越しの遠い海、澄んだ空の色。リリカル叙情百合の花の薫る文芸作品!

という感じ。
一時期に比べ、本数が半減なのですが、本の厚みはそう変わらない模様です。なぜかというと、川獺と森皿先生が100k越えの作品を書いたからですね。
[PR]
by sakananovel | 2009-07-16 11:09 | 同人ゲーム製作