<   2010年 09月 ( 5 )   > この月の画像一覧

大阪でセイルトレーニングの船があるそうだ。

帆船あこがれ

帆船の操作なんかを自分で体験出来るそうだ。
一日18000円
丁度、今ヨコハマに来ていたらしいのだが、行ってしまったようだ(^^;(明日焼津だそうな)
わこうっ! とかの参照用に体験したいところだったなあ。
なんでもそうなんだが、創作するにあたって、一応でもやった事のあることは強いのだ。
次に近くに来たら乗ろう。

あと、昔からずっと、草津温泉に行きたかったのだが、ホテルによっては直通バスがあって、新宿やヨコハマなら、宿代(一泊二食5000円~)+300円とかで草津に行けるらしい。
格安の宿、おおるり
これも、こんど行こう。

旅行とか体験とか、ちょこちょこ行きたいのだが、意外に出不精なので、なかなか行けないのが悩み所。(お金も無いのだ)
[PR]
by sakananovel | 2010-09-25 15:46 | どうでもいいこと

オランダ、ホーラント、ネーデルランド


訪れた事のない外国の空気をつかむには、司馬遼太郎の街道をゆく、で、目指す国があるかどうか調べて見て、あれば、買って読むのが一番なのである。
街道を行くの大半は日本国内の道なのだが、中国や韓国、スペインなどの外国にも司馬さんは行っている。
で、オランダ篇もありましたので、買って読みました。

オランダという国に興味を持った事が無かったので、いろいろと勘違いしておりましたぞ。
・オランダは国が若い。スペインから独立したのが、16世紀と、わこうっ!のちょうどのぐらいの時期なのだ。
・オランダには貴族がいない。商売の国オランダなので、みんな平民、あとで王家の人呼んできたらしい。現在のオランダの女王は電車で講演に行ったりするそうだ。
・オランダは差別がない。商人の国なので、まったく差別が無いらしい、ユダヤさんでも、だれでも来いっ! らしい。
・プロテスタントの国なので、もの凄く実務的。ライデンの街で、市民達がスペイン軍相手に一年間籠城しておっぱらったあと、オランダの代表になったオレンジ公が、「一年、税を無効にしてやろうか」と聞いたところ、ライデン市民は「大学作ってください」との事。ライデン大学はオランダの誇る学校となりました。
・また、呼び名とかにぜんぜんこだわらない。オランダ海軍が貧そうな船に乗っていたので「海の乞食」と呼ばれていた。オランダ人は平気で自分たちの事を「海の乞食党」と呼んで気にしない。(煽り耐性の高さよ)で、国の名前もネーデルランド(低い地の国)と呼んで、まったく平気。
・ちなみにオランダと呼んでるのは日本だけで、これはホーラント州の人という紹介がなまったもの、国際的にはネーデルランドとのこと。
・国土の何分の一かが、海より低い。堤防を作り、土地を人工的に作って、オランダの人は住んでいるらしい。
・オランダは17世紀-18世紀、世界一のGNPを誇ったそうな。オランダの時代というものが確かにあったもよう。
・アメリカを作ったピューリタンの団体が、一時期オランダに居たらしい。アメリカの国民性もオランダの影響があるもよう。

と言う感じで、オランダは興味深い。
[PR]
by sakananovel | 2010-09-17 03:17 | 同人ゲーム製作

国都スピンオフにお客さんが食いつく

国都のスピンオフに、お得意さまが食いついて来て、とても嬉しい私でありました。
全年齢で、キャラ立ちが成功したので、「くっそー、エロエロが見たい」という事なのでありましょう。

国都の剣は元々、『銀燐行』という作品の事前説明の為に作った企画で、ちょっとのお話のつもりで作ったのですが、書いているうちに膨らみました。

現在は、
国都の剣道中編

国都の剣国都編

銀燐行

というつながりになっています。
国都の剣の主人公は、好漢の剣士酪算ですが、銀燐行主人公は違う人なんすな。

へびへび祭りスピンオフをいま執筆中なんですが、いやいや、いやいや、背景は膨らまない感じですが、今度は人物が沢山。立ち絵地獄かも。
主人公は高遠海軍士官の参月海尉。若手の士官さんです。
攻略相手は曾卵と粟国だったのですが、他に沢山蛇多谷娘たちが出てきます。
あと、流行なので、男の娘が一人(攻略不可ですが)

思ったよりもずっと、へびへび祭りは神事な感じになってきてます。

焚咲とか凰榊梨澄も自然と出てきましたよ。
面白いのは、参月に梨澄が優しい事言うと、なんとなく、(梨澄ビッチかよ)とか思ってしまい、自分でも笑いました。こういう違和感も面白いかもしれませんな。
[PR]
by sakananovel | 2010-09-09 16:09 | 同人ゲーム製作

国都の剣、スピンオフ「へびへび祭りの夜」

お得意様のとんび0号様に、冬コミに国都スピンオフが読みたいと言われ、少々考えました。

そういや、へびへび祭りって、思いっきりエロゲー向きの題材だなあ……。
敵は曾卵……。いや、これって、酪算じゃなくて、外から来た奴なら入れ食い?
身論軍港の海兵……、いや、海尉ぐらいかな、へびへび祭りを知って、彼は、「いかねばなるまいっ!」と思うわけだ。丁度、半舷休暇で、二泊三日。とうぜん、メチャクチャ混むお祭りだから、予約必須だよな、駅馬車とか、旅館とか。ふむふむ。身論で予約なら、当然商会事務所で、焚咲のバイト先だな。
「がんばってきてくだせえ」とか言われて、彼は蛇多谷に向かうわけだ。
あの規模の性のからむお祭りだと、とうぜん、もめ事も多く、酪算は大会の傍ら、蛇多谷男衆の集まりで治安維持か。お祭りを円滑に進めるパンフなども当然あるな。「女の子のに無理強いはいけません、一夜かぎりといえど、恋なので、粋に行きましょう」とか。蛇多谷娘たちは売春婦ではないからな。
世界中から助平な男どもが集まるのだから、蛇多谷娘は当然足りないわけだ。全員に行き渡るわけがない。でも、お祭りに売春婦を入れると、祭りのテーマがぼけてしまう、当然、街の外にテントの売春街みたいのができていて、蛇多谷娘と知り合えなかった寂しい助平はそちらで若き情熱を発散するのか。
マップ式で、沢山女の子と知り合えると、それはそれは楽しいだろうが、作るこっちが死んでしまう。
攻略キャラは、曾卵は確定で、もう一人新キャラかな。
一日目は曾卵と知り合って、お祭りの書かれていないルールを教えてもらって、二日目に新キャラ。
三日目(最終日、昼)に身論に帰ると。
酪算の予選がみれるか。
凰榊と梨澄もうろうろしてそう。しかし、あの二人は、何を期待してへびへび祭りに(^^; どうかんがえても男性向けお祭りだよなあ。
まあ、性祭とはいえ、からっとしているので、女性も沢山きてるのかもね。
エロシーンは、一日目の曾卵と、二日目の新キャラ粟国さん。
テーマは「一夜の恋」な感じで。
すげえ、へびへび祭り行きてー、と読者に思わせれば成功ですな。
シナリオ分量は、100Kぐらいかな。
素材は、国都のマップもあるし、曾卵の元立ち絵はあるから、粟国の立ち絵、追加背景、エロは各三枚で六枚かな。一度、セックスの描写を最初から最後まで、絵の数気にしないでやりたいものだが、たいへん。どうしてもイメージ図みたいになるんだよねえ。
へびへび祭りだと、ラブラブエロゲーが作りやすそうではあるね。
酪算の立ち絵を作るかどうかだなあ。

てな感じで、冬は国都スピンオフのエロゲーを組もうと思いますぞ(^^)
[PR]
by sakananovel | 2010-09-06 23:16 | 同人ゲーム製作

ゾンビランドを見た

近所のチネチッタでレイトショーやっていたので、ゾンビランドを見てきた。
レイトショーは1200円で映画見れるのでお得お得。

まー、絵に描いたような馬鹿ゾンビ映画でした。
最初のテンポがやたらと良いのですが、ちょっと中だるみでしたかな。締めは王道で良い感じ。

どんなお話かというと。
ネットオタクのコロンバスくん(仮名)は、ゾンビの国になったアメリカで、36条のルールを守って、生き延びていました。旅を続ける間に、マッチョでゾンビを殺すのが生き甲斐のナイスガイ、タラハシーと出会ったり、詐欺師姉妹のウィチタとリトル・ロックと出会ったりします。
アメリカの西海岸、遊園地パシフィック・プレイランドにはゾンビが居ないと聞いた四人は、カリフォルニアを目指して旅立ちます。

まあ、ゾンビのお約束が一杯で、おもろいです。ここのゾンビは疾走しますですよ。
[PR]
by sakananovel | 2010-09-04 02:37 | 映画・アニメ