<   2012年 01月 ( 7 )   > この月の画像一覧

へびへび祭りのレビュー来た。

650さんから~。
>>>ここ

みなみさんから~。
>>>ここ

どっちも、わりに褒められていて、嬉しいッス。

無駄キャラが一人もいないと、褒められてましたが、プロットが巧みというわけではないんすよ、プロット切ってないので。最近は考えなくてもまとめられる事が多いのですな。熟練?
ブログをたどって言って貰えれば解るのですが、ぺったんさんもナル男もモブ上がりでして、なんか書いてるうちにキャラとして立ったみたいなー。おぱいさんも、らいよんくんも、道張くんも同上であります。

バナナは、あれです、エロ漫画で、いきなり局所がトドとか薔薇になっても説明とかがないように、アレです。

やっぱ、自作を語られると嬉しいでありますね(^^) いつもありがとうございます。
[PR]
by sakananovel | 2012-01-29 20:58 | 同人ゲーム製作

チャイナのウィッキに補足された

target="_blank">これに補足された。


繁体字なんで台湾のウィッキかのう。

サカナノベルは中国では、「魚小説」というサークル名らしい。
イカス。
[PR]
by sakananovel | 2012-01-18 12:17 | どうでもいいこと

ほん呪!3をやった。

ほん呪!がニコ動で大人気であるのだよ。
何人もの実況者がほん呪!の実況動画を上げてたり。
さすが、貞子強ええ。



下ネタ満載のノベルゲームを女性に実況されるとは、それはどんなプレイなのかー。

で、下ネタ満載の二話の実況を見て、続きが気になったので、三話目をプレイしました。
うん、うんうん。
すぐ終わったーっ!! なんでどんどんボリュームが減るんだよ。ここはドンドン加速的に増えるのが普通だろうー!
ま、とりあえず、中身は、いつもの本呪だった。

ほん呪のテツゴローは駄目人間なんだが、あれがしっかりした奴だと、うさぎドロップみたいになったかもしれんなあ。ハートフルな貞子もの。
[PR]
by sakananovel | 2012-01-14 00:17 | 同人ゲームレビュー

アニメスタジオの勧め【1】

アニメスタジオというソフトがある。
アニメを作るソフトなんだが、サカナ・ノベルでは立ち絵の開発に使用している。
これが、まあ、大当たり。すごく良い感じ。
日頃の夢だった、くるくる動く立ち絵が簡単に生産できるようになったのである。

どれくらい素晴らしいかというと、なんと、背骨の演技というものができる。

b0043794_2259231.png


Aは背筋がしゃんとしている、気力充実な感じである。
Bは背骨を丸めてみた、表情は同じなのに、なんとなく、だらんとした雰囲気である。
こんな微妙な立ち絵の差異は普通に描いていたら出来ないのである。
というか、出来ない事はないけど、小豆クリーニングの小豆さん以外ではやろうと思わないのである。

作業量として、立ち絵一体を普通に描くよりも大変そうに見えるかもしれない、が、実は普通にSAIとかで描くのと同じぐらいか、もっと早い。
基本ドロー系なので、塗りが自動的に付く、そして、描画ツールが非常に手になじむのである。
ドロー系の描画ツールはイラレタのベジュ曲線を基本とするのだが、アニメスタジオはスプライン曲線である。
線の曲がり具合はポイントとポイントの間隔によって制御される。ベジュのハンドルを使わないのだ。
SAIのドローとよく似ているが、実はSAIの物よりも、ずっと使いやすい。

という事で、アニメスタジオの導入記事シリーズを始めるのだ。
[PR]
by sakananovel | 2012-01-12 22:59 | アニメスタジオ覚え書き

コミケ81レポ

前日
うむ、なんかなかなか作業に掛からない関係で、サカナノベルの制作はコミケ三週間前からとなったのだ。
さすがに、この期間で完結まで行くのは無理が有るので、二日目のエロシーン前までを目標としました。
で、制作に掛かったのですが、四十五分法が効果を現し、なんとか前日までに目標達成となりました。
前日の朝にマスターアップ、全行程の通しプレイでデバッグ、CDR五十枚焼き、パッケージ生産が昼頃。
夕方、リーンゲートの斎川さん、りうさんがやってくる頃には、パッケージ詰めも半ば終わっておりました。
偉い、俺っ!! よくがんばったっ!!
時間が余ったので、ポスター作ったり、ポップ作ったり。

なんだかんだしているうちに、debrisの森皿さん到着、今回のdebrisさんの新刊は「コピー誌」でした……。
しかも、まだレイアウト終わってねー。イラストレーターで組んで居たので、両面印刷とか色々難しかったらしい。
家のパソコンで、もそもそレイアウト作業であります。

毎度遅れの原因の小豆クリーニングの小豆さんが、駅に着いたと言うので、みんなで夕食に。
いつものネパールカレー屋さんのニルバーナで気勢を上げます。

さて、帰ると、当然のように小豆さんちの「さつきとしょーこ2」も出来てません。
家のサブPCが沈没したので、メインPC以外つかえません。色々大変ですねえ。
夏までには直しておかないとー。サブPCは好い加減古いので、二万三万のパソの中身と入れ替えようかしらん。とか思ったり。

「こんな部屋に居られるか、俺は自分の部屋で寝る!」
と、死亡フラグを立てて、俺様は現場を離脱、風呂に入り、寝ましたです。

当日 12/31
朝、起きて下に行くと、皆さん、わやわやしておりました。
徹夜の方もいらっしゃった模様。
とりあえず、コミケまでタクシーで行こうとなりましたが、今現在の人数五人、一人余るのう、と、言ってたら、リーンゲートのりうさんが、昼から一般参加しますよとの事、そして川崎まで車で送っていきますよ、とのこと、ありがとうございます、とご厚意に甘え、川崎駅へ。
川崎駅で、おにぎり朝飯など買って、タクシーに乗りこみました。
ビックサイトまでそこそこの値段(一人二千円ぐらい)で着きましたが、運ちゃんがコミケ慣れしてないのか、変な所で降ろされて、色々歩くことに。

さて、我らの今回の戦場は、プ-30の机。島端のお誕生席という、素晴らしい場所でしたが、シャッター近くて風が寒い~。
タクシー乗ってきたので、いつもより早く着いて待ち時間長い~。
凍えながら会場待ちです。

さて、十時会場~。とまあ、ノベルなんてもんは開始早々は売れない物で、一時間ぐらいは閑古鳥鳴いてました。
ミナミさんが、いらっしゃったらしいのですが、おいらタバコ吸いに外にでていたので、会えませんでしたのう。
「同人ゲームオブザイヤーのポップを出しているサークルがいくつかあって、これはミナミ個人の出してる賞なので、そんなー」、とかミナミさんがツイッターに書いてましたが、良いのです。賞は受けた者の物、今後権威に重みを付け、同人ソフト界のモンドセレクションとして発展していく予定です。
もちろん、うちも、作品賞取ったので、ポップにでかでかと書きましたぞ。

そのうち、へびへびα2も、ぽつぽつ売れはじめますです。
御常連のとんび0号さんがいらっしゃって、へびへび2をお買いあげくださいました。
自作の国都SSの続きと、メイプルクッキーを差し入れていただきました。クッキーおいしゅうございました(^^)
双二郎さんとか、シミヅさんとか、常連の方も、ちらほら。

葦場製作所のノエルさんに不思議なシューティングを貰ったり、ベニタヌキの砥石さんからオマケCDを頂いたり、雲上回廊の秋山さんからピノスの完成版貰ったり、半端マニアさんの渡辺さんからサントラ貰ったり、サイアチの狐さんからラキスタ2を貰ったり、グリンティーミルクさんちで絶対安全冒険部を頂いたり、機械式少女でチャーさんからデスロリの新刊貰ったり、650さんから同人ゲームの批評本ディレクションテールを貰ったりしましたよ。
お隣のお隣のブースのNasskaさんより、es-node、ノベルマギカ、es-linkと三本も頂きました。また、直お隣(プ31a)ダイナマイトバンディッツさんより、晴れと曇りとその間~春日部編~を頂きました。
貰ったり上げたりするのも、コミケの醍醐味でありますな(^^)

お客さんとおしゃべりするのも、楽しい時間で、今回はDLサイトでダウンロード購入されたお客さんがいらっしゃってヘビヘビ2をお買い求めくださいました。
「国都が凄く面白かったのですが、続きは何時ですか」
とか、聞かれて困ったり。まあ、国都編は、そのうち、みたいなー(^^;

今回、リンゲトさんが委託でしたので、ついでに「終末症候群」をセールスしてみたり。
同人ソフトには売りやすい作品というのがありまして、それは作品を一言で紹介する事が出来るという物ですな。
終末症候群の場合「能力者バトル物です。最近完結した能力者バトル物では、ほぼ唯一です」との一言でお買いあげ下さるお客さんが多かったですね。
うちのヘビヘビも「観光ファンタジー」です、という決め文句があるのですが、お客さんがなかなか手に取ってくれないので、売り上げ鈍いですのう。

会場をうろちょろしていたら、江神さん発見。ゾンビリーバブルというカードゲームを貰いましたよー。
江神さんと深い話をいろいろしたり、なんだか、色々ランクアップしてる感じで、江神さんに風が吹いてるなあと思いましたです。

なんだかんだしてるうちに、冬コミもおしまいです。
やっぱ、コミケは楽しいですなあ。

帰りは水上バスをつかってみました。
意外に空いていて、座って帰れましたよ。ユリカモメより快適かも。
到着は浜松町であります。

打ち上げ
今回の打ち上げは、小規模に、debrisさん、リンゲトさん、小豆さん、俺と、五人でしたので、横浜中華街へ行くことに。
四五六飯店という定番店があるので、そこへ。
でも、最近横浜中華街は雰囲気悪いという噂があって、実証するみたいな事があったので、皆さんダウナー。
安いという四五六飯店も、年末価格で、いまいち高かったり。
でも、まあ、料理が美味しかったので、持ち直し。家に帰りました。

午前零時まで、ニコニコ動画で富野作品のせりふ回しをまとめた動画とか見ながらわいわい騒いだり。やっぱトミノは頭がおかしくて素敵。ブレンパワードのシナリオはありえねえ。
零時を過ぎて、みんなで開けましておめでとうと言って、みなさん就寝。

次の日
毎度恒例の温泉に行こう、となったのですが、今年は、縄文の湯も、綱島も開いて無くてしょんぼり。
川崎でおそば食べて帰りました。(不景気なんすかね)
家に帰って、トミノ動画見て、また盛り上がり。イデオン良いッスね。
四時頃、品川に、小豆さんと森皿さんを送って、さようなら。
リンゲトチームは居残りで晩ご飯。鹿島田駅前の美味しい中華が、またやってないっすよー;;
しょうがないので、焼鳥屋さんへ。
ここが大当たり、美味しい事はしってたんですが、みんなで来るとおいしさが何倍にもなりますね。
夏にはここで打ち上げよう、と計画を立てて帰宅。
リンゲトさんも、福島に帰還です。

こんな感じで冬コミは終わりました。
みんな、また夏に集まろうー。
[PR]
by sakananovel | 2012-01-05 02:35

あけましておめでとうございます。

あけましておめでとうございます。
本年もサカナ・ノベルを宜しくおねがいいたします。

今年の抱負は、まあ、へびへび祭りの完成かな。
あと、まあ、なんかしますな(^^)

あと、アニメスタジオの記事とか書きましょう(^^)
[PR]
by sakananovel | 2012-01-01 16:34 | 同人ゲーム製作

コミケ終わったー

コミケ終了~。

今回も楽しいコミケでありました。

色々楽しい事がありましたぞ。
詳しくはまた後日(^^)
[PR]
by sakananovel | 2012-01-01 16:32 | 同人ゲーム製作