<   2012年 02月 ( 2 )   > この月の画像一覧

アニメスタジオの勧め【2】

アニメスタジオ(和名あにくり)の塗りとスタイルについて、今回は語るー。

つか、アニメスタジオの塗りは独特で、解りにくい。
解っちゃえば、結構楽なんだけど、立ち絵を三十枚とか描かないと、なかなか覚えないのだ。
(嘘です、一応二三体描けば覚えます)

とりあえず、アニメスタジオの最小単位はシェイプという、切り絵の切片みたいな物だ。
ポイント三つ以上で囲まれた図形を、シェイプと言う。
が、実は線分もシェイプとなる。
シェイプというのは、形状の事なんだな。
この、シェイプを沢山重ねて、絵にするのが、アニメスタジオのやり方。(少々FLASHにも似ている、あっちもシェイプあるし)

b0043794_1201643.png

こんな感じ

つまり、あれだ、切り絵だな。カラートーンでくみ上げるやつ。
わたせせいぞうだ。
イラストレーター等のドロー系ソフトに似てるのだけど、たった一つ違う所がある。
それは、線分をつなげられて、メッシュ状にも出来ると言うこと。
線で囲まれた部分はシェイプとして、色づけ出来る。
で、その線も隠す事が出来る。(消すわけじゃない、見えなくなるだけ)
線で囲まれたシェイプは単一ではなく、沢山作る事が出来る。同じポイントから作ったシェイプを重ねる事ができるんだな。
シェイプは半透明にもできるので、眼鏡とか複雑な模様とかが結構簡単にできる。(液とかもね)
レイヤーでの乗算、加算も出来るので、絵の描写として色々な事ができる。

考え方としては、セロハンとか色紙を切って、重ねて絵にする感じかな。
で、その切った切片のエッジに線が乗る感じ。

シェイプを重ねて絵を作るから、実は重なり順が大事だったりする。
これは、シェイプ選択ツールで、シェイプを選択したあと、矢印キーで上下に重なり順を移動出来る。
シフトを押しながら矢印だと、最前列、最後尾に移動することが出来る。

b0043794_1241979.png

シェイプ選択ツール

同じレイヤー上でのシェイプの重なりがあって、その上にレイヤー同士の重なりがあり、グループによるマスクありで、結構重なりについては複雑なんだな。
でも、作っていくうちに効率的な重ね方とか、レイヤーの使い方とか覚えてくるので、大丈夫。

だから、塗り、というよりも、配置に近い感じの作業なんだ。
ポイントを打っていって、影とか模様とかを配置していく。
アニメスタジオでの制作は、絵を描くというよりも、編み物とかの作業っぽい感じの行為になる。

スタイルについて

アニメスタジオのスタイルは癖があって、「使えぬ!」と思っていたのだけど、日本語マニュアルをちゃんと読んだら勘違いしていた所があったのだ。
スタイル設定する所と、スタイルを指定する場所が別なのだな。

b0043794_1214322.png


英語版で適当にやってた時は、設定部分で指定も出来るのだとばっかり思っていたのだが、スタイルの指定する場所は下のスイッチであった。
あとスタイルを変えるときに、スポイトツールを使うと、スタイルが飛んでしまう。
もっとも、同じ名前を付け直すと、復帰しますが、面倒なので設定時にはスポイトを使わないのが無難。
追記:スポイトでスタイルが飛んだ後、名前を付け直すと、そのファイルの全部のシェイプにそのスタイルが指定されてしまう。復帰(Ctrl+Z)も効かないので、元に戻すのが偉く大変になる。スタイル設定の時にスポイトは使ってはいけない。

勘違いしやすいのが、シェイプ自体の色設定とスタイルがあった場合、スタイルが優先されるのである。
スタイルを設置すると、基本の色設定は無効になるのだな。基本設定を使いたい時は、色のボックスと線のボックスの横にあるチェックマークを入れると、こちらを優先させる。

b0043794_1225031.png


これでもう、同じ色を使うときにスポイトで逐一取って行かなくても良くなって便利便利。
ちなみに、色とか線を変えられるのは、シェイプ選択ツールで、シェイプを選択している時だけなのだ。
[PR]
by sakananovel | 2012-02-22 12:05 | アニメスタジオ覚え書き

アニメスタジオ日本語版の8が出たよ

詳しくはここ>>イーフロ

アニメスタジオの日本語版のアニメクリエイターの8が出て、やっと英語版とバージョンが並びました。
私は早割の安売りのアニクリの7を買っていたので、無料でダウンロード出来てお得でしたな。

さっそく英語版で作ったデータを読んでみたら、難なく開きました。
日本語で説明が読めると色々捗りますな。

左手入力装置にもショートカット入れて、ご機嫌な作業効率であります。

買ってない人は、新たに買ってもDL版で一万四千円ぐらいなので、ご検討あれー。
[PR]
by sakananovel | 2012-02-19 19:26 | アニメスタジオ覚え書き